アマゾンギフト券買取

アマゾンギフト券は個人売買可能!でもリスクが伴います

アマゾンギフト券は個人売買可能!でもリスクが伴います

調査員:Ayane
使わないアマゾンギフト券はさっさと現金化したほうがいいんじゃないかしら。
今は個人でも売買できる時代だから、これを利用しない手はないわね。
便利だけれどリスクもあるから、これを読んでから挑戦してするといいわ。

Amazonギフト券は金券の中でも種類が豊富で、人気の金券です。
しかし、通常の金券よりも売って現金化することが難しく、売ることができたとしてもレートが他の金券と同じ…という品物です。

そんなAmazonギフト券を、個人売買することができればスムーズに現金化でき、レートよりも高い金額で売ることができるのではないでしょうか。

今回は、Amazonギフト券の個人売買で現金化する方法について調べてみました。

アマゾンギフト券を個人売買する手段3個の特徴比較

アマゾンギフト券を個人売買する手段の特徴比較

金券ショップを利用する

アマゾンギフト券を個人が売買する場所として、もっともオーソドックスなのが金券ショップです。
金券ショップが身近にあれば、手持ちのアマゾンギフトカードを現金に換えることができます。

ただし、アマゾンギフトカードで多いコードタイプのもの、チャージタイプのものは金券ショップで売買することはできません。

残金の確認が難しいとのことですので、金券ショップでは商品券タイプのものを持ち込むようにしましょう。

フリマアプリを利用する

Amazonギフト券をフリマアプリで売買することは可能なのでしょうか。
調べてみますと、ヤフオクでは未使用でも出品されていますが、メルカリにでは使用済みのamazonギフト券しかありませんでした。

この理由は、フリマアプリの規則で金券類の販売は禁止になっているからです。
規約違反になると運営側からペナルティを受けることもありますので注意してください。

ヤフオクでは問題ないので、売買する際はこちらを使うようにしましょう。

知人同士で売買する

Amazonギフト券を知人に売却するという手段があります。
普段からネットで買い物をする人であれば、Amazonギフト券の使い道は多いでしょう。

額面よりも少し安く売ることができれば、お互いに利害関係が一致するのではないでしょうか。

ただし、この方法はあくまでも一時的に利用することをお勧めします。
顔見知りであることで詐欺などの心配は少ないでしょう。

一方で、amazonギフト券で売り上げを作ることが目的となってしまうと申告が必要になる場合もあり、さらには古物許可証が必要になることもあります。

一度購入したものを誰かに販売するには、古物許可証という届出を警察に提出しなければなりません。
Amazonギフト券の個人売買は金額と回数に注意しましょう。

ヤフオクでアマゾンギフト券を個人出品者から買うリスク・危険性とは?

ヤフオクでアマゾンギフト券を個人出品者から買うリスク・危険性とは

使用済みのアマゾンギフトだった

ヤフオクでアマゾンギフト券がなかなか売れない理由の最たるものが、使用済のギフト券が送られてきたという体験談です。

入金を確認したらすぐにコードをお送りします」「実物を発送します」と書かれていても、いざコードを入力すると使用済であったり、送られてきたのは空箱だった…ということもあります。

「信用できるのか?」という不安が残る限り、ヤフオクでアマゾンギフトを購入する勇気がない人が多いのも頷けるのではないでしょう。

相手の素性がわからない

どんなに良い評価がたくさんついているアカウントであっても、ネットの中では相手の素性を知ることは難しいものです。

最近のフリマアプリでは本人確認というものがありますが、それでもすべての詐欺を防ぐことはできていません。

お互いに住所などの個人情報を知られることなく取引を完結できるようになりました。
けれども、そうした匿名性がかえって仇となっている場合もあるのです。

素性のしれない相手からアマゾンギフト券を購入し、確かに残金のあるコードを受け取っても、数日すると残金が0になっていた…という事例もあります。

気が付いたときには、購入したアカウントが消えていたという場合も…。
アマゾンギフト券のフリマアプリからの購入には慎重にならざるを得ません。

そもそも金券の販売は禁止されている

フリマアプリでは金券類の販売が禁止されています。
そのため残金のあるカードタイプであっても、出品していることが事務局に見つかればペナルティを受ける場合もあります。

そもそも、個人で出品されている金券類を購入して本当に手元に届くのか、残金を記載しているが、購入した途端に0円になってしまうのではないのか…など不安は消えません。

ヤフオクでの確信のない金券類を購入することはリスクが高いのです。

ヤフオクでアマゾンギフト券を希望の価格で売れない理由とは

ヤフオクでアマゾンギフト券を希望の価格で売れない理由とは

個人は信用されていない

高値で売れることで有名なヤフオクですが、アマゾンギフト券はなかなか売ることができません。
それどころか、額面以下の販売になってしまうことも珍しくないのです。

なぜかといいますと、個人アカウントはどんなに良い評価が多くあっても信用されていないからということができます。

女性のような名前であっても、実際のアカウント主が女性とは限りません。
不用品を誰かに譲る、というのがフリマアプリの基本概念ですが、アマゾンギフト券がどのような経緯で販売されているのか不安になることもあります。

個人で出品する場合には「アマゾンで買うものがない」といった理由もきちんと添えましょう。

詐欺を警戒されている

特にamazonギフト券のコードタイプは注意が必要です。

額面のまま未使用です」「○○円分残っています」とは書いてあっても、支払いを済ませてコードを入力してみるとすでに使用済みだった…ということも珍しくありません。

サイト内で購入履歴は残りますので、取引後も相手と連絡を取ることは可能です。
しかし、たいていの場合はそのまま音信不通となってしまうことが多いといいます。

中には複数のamazonギフト券を取り扱っていても、その後のトラブルに真摯に対応してくれる売り手もいます。
けれども、そのような信用できる相手をヤフオクで見つけることも難しいのではないでしょうか。

反対の見方をしてみると、売りたいと思っていても相手からは信頼できないと思われているということです。

出品しているamazonギフト券の金額だけでなく、どのような取引で万が一のことがあったときの対応なども載せておくといいかもしれません。

残高が明確ではない

先にも述べましたが、コードタイプのものは残金が本当にあるのかどうか確かめようがありません。
従来型の紙タイプのギフト券は額面通りから動かすとことができませんので、個人売買するなら一番安全な商品です。

どうしてもコードタイプのamazonギフト券を個人売買したいのであれば、未使用品であること、記載されている額面と同じ金額が入金されていることを証明できるようにしましょう。

また、あまりにも高額なアマゾンギフト券は額面より大きく値を下げても売れにくい傾向にあります。
手ごろな価格帯のアマゾンギフト券を複数枚出品する方法がおすすめです。

アマゾンギフト券の個人売買に関するよくある質問

アマゾンギフト券の個人売買に関するよくある質問

フリマアプリでの売買は可能ですか?
いいえ、できません。金券類の販売は禁止されています。
フリマアプリでは金券類の販売は禁止となっています。出品されているものは、使用済のものだけです。残金がある金券の出品はペナルティの元となりますので注意してください。
フリマアプリの出品者は信用できますか?
いいえ、できません。複数アカウントを利用している業者もいます。
フリマアプリは個人間の売買を目的としていますが、中には専門に商売をしている業者もいます。複数のアカウントを持っている業者もいますので、注意が必要です。
知人同士であれば申告は不要ですか?
はい、基本的には不要です。30万円以上ならば申告しましょう。
不用品を売って得たお金は雑所得として認められています。しかし、年間の雑所得が30万円を超えた場合には申告が必要となりますので注意が必要です。

アマゾンギフト券個人売買のまとめ

アマゾンギフト券個人売買のまとめ

アマゾンギフト券の個人売買について見てきました。

この記事のまとめ

  • フリマアプリでは個人アカウントは信用されていない
  • 金券ショップではコードタイプは売買できない
  • 高額なアマゾンギフト券はなかなか売れない

個人でアマゾンギフトカードを売買することができればお手軽ですが、アプリの利用は規約など難しい面もあります。
アマゾンギフト券を現金化するのであれば、個人売買では少し工夫が必要でしょう。

  • この記事を書いた人

Ayane

子持ちアラサー主婦。パートだけでは家計が苦しいので副業を開始。 現在フリマアプリに挑戦中。 お金の知識は独学ですが、なるべく実践して再現性のあるものをまとめて紹介しています。 リアルではコミュ障。 書くことでわかりやすく伝えられればと思います。 お金に困ったときの対処法は自分でも実践したことのあるものです。

-アマゾンギフト券買取