業者を使わないで自分でできるクレジットカード現金化!流れや方法を徹底解析

業者を使わない自分でできるクレジットカード現金化

ライター:ひであき

現金化といったらクレジットカードを現金化する方法を思い浮かべるのではないでしょうか。

クレジットカードを使って自分で現金化する方法もありますが、現金化の方法はほかにもあります。

今回の記事では、業者を使わないで自分で現金化する方法やリスク、注意点などを紹介していきます。

現金化について知識を深めて、賢く現金を手に入れましょう。

このページで解る事

クレジットカード現金化業者を使わないで自分で現金化するメリット

業者を使わないで自分で現金化するメリット
業者を使わないで自分でクレジットカード現金化をするメリットをいくつか紹介していきます。

自分で納得できる現金化

クレジットカードを現金化するために、自身で商品を決めて購入し、売却する場所や方法、価格なども自分で選んで現金化できます。

しかも誰にも知られずに現金化することも可能です。
現金化業者に依頼する場合は、自分の銀行口座などの情報を伝えなければいけません。

手数料が取られないから高額現金化も期待できる

現金化業者を使った場合、手数料がかかり平均で70~80%の還元率がほとんどです。

時々「還元率90%」と宣伝している業者もいますが、実際利用してみると、多額の手数料を取られた事例もあります。

その点、自分でクレジットカードを現金化すれば手数料はかかりません。
商品や手段によっては還元率100%も超えることもありますよ。

詐欺に遭うリスクが少ない

現金化業者の中には悪徳業者も存在します。
ひどいのが手続きをしてもお金を振り込まないという悪徳業者です。

個人情報だけ入手し多額の手数料を取ったのに振り込まれなかったケースもあります。
また、提示されていた金額より実際振り込まれた金額が少なかった場合も。

現金化業者を装った詐欺にあうこともあるのです。
その点、自分で行う現金化はこのような詐欺にあうリスクは少なくなります。

クレジットカード現金化業者を使わないで自分で現金化するデメリット

業者を使わないで自分で現金化するデメリットと注意点
次は現金化業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化するデメリットや注意点を紹介します。
デメリットもしっかり確認して、できるだけ損をしない方法をとるようにしましょう。

業者を使うより高額になるとは限らない

自分で選んだ商品が必ずしも高額で転売できるとは限りません。
思っていた金額でなければ現金化を再度行わなければいけません。

現金化は何度も繰り返すとクレジットカード会社に目を付けられ、バレてしまうリスクがあります。

徹底的なリサーチが必要

現金化を自分でするとなると、商品のリサーチから商品の購入、売却まで自分1人でしなくてはいけません。

換金率のいい商品は、信販系金券、ギフト券、ブランド品、ゲーム機などです。
どのジャンルにするか、見定めて商品を選んでいき、どれくらいで売れるのか相場を確認しなければいけません。

また、実店舗のある買取り店に持ち込むのか、ネットを利用して売るのかなど売り方にもさまざまな方法があります。
そのため徹底的な情報収集力が必要となります。

手間と時間がかかり即日現金化は難しい

上記のようなクレジットカード現金化をすべて1人で行うので、かなりの時間が必要になることもあります。

現金を手に入れるまで何日もかかることもあるでしょう。

商品を店舗に持っていけば即現金化が簡単にできますが、深夜や早朝に現金が必要になることもあるかもしれません。
時間帯によっては買取り店は閉まっているので、すぐの現金化は難しくなります。

ネットで買取り・販売することもできますが未払いが生じる可能性もあります。
また、余分な手数料を取られることも考えられるでしょう。

商品やギフト券をインターネットで購入すると、実際に商品を受け取って現金化するまでに時間がかかります。
すぐに現金が欲しい場合は、間に合わないこともあるでしょう。

現金が手に入るまでどれくらいの時間を要するのか確認が必要です。

現金化業者は最短で数十分で現金化できるとこもあるので、スピード重視の方にはあまり向いていないと言えます。

自分で現金化すると大きく儲けられたり、悪徳業者に引っかからないっていうメリットがあるんだね。
儲けることもあるが、きちんとリサーチしていないと大損することもあるんだぞ。
え?損をするのは嫌だな。
誰でも損をすることは避けたいものだ。
現金化のリスクやメリット・デメリットを把握して、さまざまな方法を学んで、現金化していくんだ。
はい。
分かりました。

自分でできるクレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化をするときの注意点
現金化するためにはリスクを伴うので注意事項がいくつかあります。

業者を利用する場合にも同様な注意が必要なので、しっかり確認しておいてクレジットカードの現金化するようにしましょう。

クレジットカード現金化はショッピング枠が必要

クレジットカード現金化はショッピング枠が必要
そもそも現金化するためには、クレジットカードのショッピング枠が必要です。
クレジットカードにはショッピング枠キャッシング枠があります。

キャッシング枠とは、クレジットカード会社にお金を借りるための枠です。
ショッピング枠は、買い物で商品を購入する際に使える枠です。

このショッピング枠は、職業や年収などにとって統計的に分析してカード会社が導きだした額になるので、人によって上限が決まっています。

現金化はショッピング枠を利用するので、現金化する前に自分のクレジットカードのショッピング枠を確認しましょう。

残高の確認は、クレジットカード会社のマイページで簡単にチェックできます。

クレジットカードで購入できないものがある

換金率が高くてもクレジットカードで購入できない場合がある商品も存在します。

金券ショップで取り扱いのあるカード会社発行のギフト券などは、お店によってクレジットカードで買えないこともあります。

例えばJCBギフトカードを購入したい場合、楽天市場やYahoo!ショッピングではどのようなクレジットカードでも買えませんが、公式サイトでJCBカードを使用するのなら買えます。

また、JCBや三井住友のギフトカードは、公式サイトでクレジットカード購入ができる店舗を探すことができます。

ご自身の住んでいる地域にカード会社発行のギフト券をクレジットカード決済のできる店舗があるかもしれないので、1度検索したうえでギフトカードを購入するようにしましょう。

ほかにも、ショッピング系ギフトカードも種類や場所によって購入できないことがあります。
ネットショップや金券ショップでも商品券は現金払いの商品が多い傾向にあるので、事前にリサーチして購入するようにしましょう。

何度も購入することでカード会社から現金化を疑われて利用停止になることも

短期間に少額でも現金化を繰り返すことでクレジットカード会社に目を付けられる可能性が高くなります。

特に怪しまれやすい商品は「新幹線回数券」や「Amazonギフト券」です。

まだ使いきっていないはずの「新幹線の回数券」が繰り返し購入されたり、1で購入するにしては回数の多い「Amazonギフト券」は不自然な履歴が残ります。

何回も購入していると利用停止になることもあるので、なるべく期間は空けてから行うようにしてください。

また、カード会社はこのような不自然な使用があった場合に連絡してくることがあります。

この時、絶対に電話を無視しないでください。
さらに疑われてしまう要因となるので必ず対応するようにしましょう。

債務整理ができなくなることもある

一次的に「現金がなくては困る」いるという場合のみ、現金化をするのはよい方法かもしれません。
しかし、借金がすでにかさんでいる方はしない方がいいでしょう。

借金が増えた場合、債務整理することで自身の負担は軽減されますが、現金化したことによってこの債務整理が不可能になることがあります。

現金化自体は法律違反しているわけではありませんが、クレジットカード会社の規約違反にはしています。

自己破産する場合は裁判官の決定が必要なので、クレジットカードの現金化を何度も行っていることが発覚すると、悪質と判断されるケースもでてくるでしょう。

個人再生や任意整理の場合も同じです。
どうしても返済できないのに現金化してしまった場合は専門家を頼るようにしましょう。

そして、すでに多額の借金を背負っている方はクレジットカードの現金化はしないほうが得策です。

え?債務整理ができない?すごく困るんじゃない?
そうだな。
借金が多い場合にクレジットカードで現金化を繰り返すことはおすすめしない。
現金化の危険な部分も理解して、自分が現金化しても大丈夫なのかよく考えてするんだ。

クレジットカード現金化業者を使わない自分でできる現金化の方法12選

クレジットカード現金化業者を使わない自分でできる現金化の方法18選を紹介
なるべくなら、手数料や換金率を考えるとクレジットカード現金業者ではなく、自分で現金化をしたいと思う方は多いでしょう。

これから現金を自分で入手する12の方法を紹介していきます。
さまざまな方法に詳しくなれば、現金化がスムーズに行えるようになるかもしれません。

クレジットカードを使わない現金化の方法も紹介するので、自分に合った手段を見つけて賢く現金化してください。

自分でできる現金化方法①換金率の高い商品を購入して売る

自分でできる現金化方法としては、換金率の高い商品の転売が手軽です。
主な高換金率の商品を表にまとめると、

商品ジャンル換金率目安
ブランド品50~80%
ゲーム機・ソフト70~90%
新幹線回数券60~90%
家電60~85%
お酒50~100%超

となります。
こういった高換金率商品をクレジットカードで購入して売却すると、簡単に現金が作れます。

売却方法としては、

  • リサイクルショップ
  • 質屋
  • 金券ショップ
  • フリマアプリ
  • ネットオークション

などがあります。

特にブランド品やゲーム機・ソフト、お酒などはプレミア化している商品もあり、高い金額で売れることもあります。

実際に日本酒の「獺祭」は大きな話題になりましたし、ウイスキーの「白州25年」は定価176,000円が50万円以上で取り引きされています。

レトロゲームなどもプレミア価格になっているケースは多く、定価以上の値段で売れる場合もあるんです。
あなたも自分で持っていないか確認してください。

逆に需要が少ない・不人気商品だと、相場以下でしか売れないので注意。

新幹線回数券も、区間によっては買取不可というケースもあります。
自分で現金化を行う場合は、事前に買取価格を確認することが大切です。

自分でできる現金化方法②携帯のキャリア決済で商品を購入して売る

携帯キャリア決済で現金化
ドコモ・au・ソフトバンクなど携帯キャリアの信用枠(ショッピング枠)を使って現金化する方法です。

手元に現金がなくとも携帯キャリア決済を利用すれば商品を購入できる仕組みです。
ただ、クレジットカードと違い利用可能限度額が最大10万円ほどです。

キャリア決済で現金化する場合は、iTunesカードなどのデジタルコードを取引に使用すればキャリア事業者にバレる心配もありません。

キャリア事業者がデジタルコードの販売促進をしているので、現金化を疑われにくい商品です。
しかも、デジタルコードの購入後の使用目的は限定されていないので詮索されにくいでしょう。

自分でできる現金化方法③商品券や金券を購入して売る

ギフト券を売って現金化
ギフト券も換金率の高い商品です。
だいたい90%以上の換金率が見込めます。

しかし、ほとんどがクレジットカードで購入できません。

クレジットカード購入できるかは、事前に店舗へ連絡してから確認するとスムーズですよ。
公式ホームページから購入できる金券もあるので確認して買いましょう。

ギフト券を売る場合、時間はかかりますがいくつかの店舗で見積もりして売るようにしましょう。
いくつかの店舗を回って「今どこが高く買い取ってもらえるか探している」というだけで高く売れることもあります。

そして、はまとめて売るとさらに高く買ってもられるかもしれません。

また、今すぐ現金が必要というわけでないのなら、大型連休前が狙い目です。
ゴールデンウイークやクリスマス、春の進学、就職シーズンには、ギフト券でお祝いを渡したい方が増えるので、店舗でも高く買ってくれる可能性が高くなります。

すぐの即現金化を考えていない方は売れそうな時期に売った方がお得になりますよ。

自分でできる現金化方法④商品を購入して返品する

商品を購入して返品する

クレジットカードや電子マネーで商品を購入して売るか返品で現金をもらう方法です。

この時におすすめなのが、電子マネーを使った返品です。

クレジットカード決済をした場合、支払いをするまで商品の所有権はカード会社にありますが、電子マネーの場合だと所有権は自分だからです。

またクレジットカードとは違い、電子マネーで商品を購入して返品すればほぼ100%で現金で戻ってくきますよ。

ただ、現金化は電子マネーの会社でも利用規約違反になり、何よりお店側に迷惑がかかるので頻繁に行わないようにしましょう。

返金するときは手数料がかかる場合があるので気を付けてください。

自分でできる現金化方法⑤仮想通貨を使って現金化

仮想通貨を売って現金化
仮想通貨はいつでも購入できて現金に戻すことが可能なので、利便性はとてもよい現金化方法です。

クレジットカード決済に対応している取引所に登録すれば、クレジットカードで仮想通貨を購入して現金に換えれば現金化できます。

しかし、すべての仮想通貨がクレジットカードで購入できるわけではありません。
必ず自分の買いたい仮想通貨がクレジットカード対応しているか確認してください。

また、クレジットカードを使って買ったコインは送金されるまでに1週間以上時間がかかるため、即日現金を手に入れたい方には向いていません。

しかも現金化する場合は手数料が取られます。

大きなメリットしては、価値が上がった時を見計らってコインを売りに出せば多額の利益を手にできるということ。

ただ、20万円を超える利益が出た場合は確定申告をする手間があるので、すぐに現金はいらない、手間でも大きな利益を出したいこのような方には向いている方法です。

知識を持たずノリで行うと危険なので慎重に行ってください。

自分でできる現金化方法⑥Amazonなどの電子ギフト券を現金化

Amazonなどの電子ギフト券を現金化
Amazonギフト券は換金率が高いギフト券です。

Amazonギフト券を現金化する方法としては、中古店やサイトなどで転売する方法や、オークションサイト・金券ショップで売る方法があります。

金券を買取りしてもらうためにすぐ思いつくのは、実店舗の金券ショップでしょう。
金券ショップは手軽で便利ですが、Amazonギフト券のようなコード番号だけでの取引する商品は買取りをしてくれない場合が多いです。

金券ショップは買い取ってもらえたとしても換金率は70%と低めです。

オンラインのオークションに転売する方法は、登録が簡単なのでおすすめです。
落札額によって手に入れる金額は変わりますが、換金率が高くなることも多い商品です。

コード番号だけで手軽にできて、Eメールタイプなら送料もかかりません。

しかし、換金までに時間がかかり、落札者とのトラブルがないわけではありません。
しかも、落札手数料はヤフオクの場合落札価格の10%かかります。

オークション出品は時間の余裕のある方におすすめです。

電子ギフト券買取りサイトでは、ほぼAmazonギフト券を買い取ってくれますが、下記のようなものは買取りしてくれない場合もあります。

  • すでにアカウント登録したもの
  • 有効期限が近いもの
  • 額が低すぎたり高すぎるもの
  • 海外版のAmazonギフト券

また、連絡先の登録がない方や身分証の提示ができない方は買取りしてもらえないので注意が必要です。

自分でできる現金化方法⑦不用品を売って現金化

「フリマアプリ」「リサイクルショップ」「古本屋」などでは、あなたが既に持っている不要品を現金にできます。

いらない物を売るだけだから、クレジットカードで購入する必要がありません。
返済の心配もなく、より手軽に現金が作れるから便利です。

しかもリサイクルショップやネットショップでは、

  • 出張買取:自宅まで買取に来てくれる
  • 通信買取:お店に荷物を送って買取

をしてくれることも。

自分で重い荷物を運ばずにすむので、手軽に現金化が出来るから便利です。
また、読み終わった本などが大量にあり、処分に困っている場合にもおすすめ。

物によって買い取り価格は大きく変わりますが、上で紹介した高換金率商品以外にも

楽器貴金属類
漫画ホビー・おもちゃ
着物カメラ
家具

などが高く売れる可能性があります。
洋服も季節や需要によっては高く売れる場合も。

また漫画の場合は、GEOなどが〇冊以上まとめ売ると買取率アップといったキャンペーンを行っています。

不用品を売って現金化する方法は、お金が手に入り片付けもできるのでおすすめです。

自分でできる現金化方法⑧ポイ活を利用して現金化

ポイ活を利用して現金化

ポイ活とは、楽天ポイントやTポイントなどを集めることです。

既にポイ活を行っている人も多く、あなたも聞いたことがありますよね。

貯めたポイントは、現金のように使用可能!
現金化が必要な時の助けになり、貯まるほどお得です。

有名なポイントには、

  • Tポイント
  • 楽天ポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント

などがあります。

ポイ活で貯めやすいのは楽天ポイントです。

  • 楽天カード(クレジットカード)
  • 楽天モバイル(携帯電話)
  • 楽天市場(ネットショップ)
  • 楽天証券(投資)
  • 楽天銀行

など、楽天の各種サービスで、大量のポイントを獲得できます。

楽天カードにするだけでも、日常の買い物でポイントがどんどん貯まるのでおすすめです。

しかも楽天ペイや楽天Edy経由で、街のお店でも利用できるため便利。
貯め方の幅が広く、現金のように使えるのでお得です。

また他のポイントサービスでは、

  • dポイント:ドコモ
  • Pontaポイント:au
  • PayPayポイント:ソフトバンク

などのように、関連する携帯キャリアがあり、スマホ代もポイ活に使えます。

ただし、ポイントを交換ができない詐欺サイトも存在するので注意が必要です。

あくまでも安全なサイトを利用すること。
各社それぞれにアプリがあるので、活用すれば安心で効率的です。

自分でできる現金化方法⑨レシートを現金化

レシートを現金化

買い物で貰えるレシートも現金化する方法があります。

しかも、

  • レシート買取アプリONE
  • 楽天パシャ
  • CASHb
  • CASHMART

など、これらのレシートを現金化できるアプリを利用するだけ。

アプリをインストールし、本人確認をしてレシートをスマホのカメラでスキャンするだけ。

たったこれだけで、捨てるはずだったレシートが簡単に現金に変わります

金額は1枚数円~数十円ほどなので、まとまった額の現金が必要な場合には向いていません。

ただ、アンケートへの回答で現金がもらえることもあり、こちらは数十円~数百円の現金を手に入れることができるので、隙間時間で稼ぐことができて便利です。

注意点としては、出金手数料が1回につき300円程度かかります。
それなりの金額が貯まるまで、出金は待つのがおすすめです。

また、アプリの登録時に個人情報を入力する必要があります。
個人情報の取り扱いについても、しっかりと確認しておきましょう。

レシートの現金化は、少額ですが簡単に現金が作れます。
ゴミとして捨てる前に、サブの現金化として始めるのもおすすめです。

自分でできる現金化方法⑩歩くスマホアプリを活用して現金化

歩くスマホアプリを活用して現金化

最近はスマホで健康管理を行う人も増え、ウォーキングアプリが人気です。
この歩くスマホアプリも、現金化方法の1つ。

  • dヘルスケア:dポイント
  • aruku&(あるくと):Tポイント
  • Renobody:WAONポイント
  • トリマ:現金、楽天ポイント、Tポイント

などがあり、あなたの運動が各ポイントに交換可能。

銀行口座に振り込んで貰えるアプリもあるので、現金化としても便利です。
aruku&は、ポイント以外に「名産品」や「現金」プレゼントへの応募もできます

あなたが歩いたデータは分かりやすく表示され、アプリによっては、「理想体重までのアドバイス」や「食事や運動方法の指導」など、ウォーキングアプリとしての機能も充実しています。

ダイエット計画や健康管理にも、使いやすいのが嬉しいですね。

健康とお金の両方が手に入る、楽しく続けられる現金化の方法です。

自分でできる現金化方法⑪空き缶・アルミ缶をリサイクルして現金化

空き缶・アルミ缶をリサイクルして現金化

アルミ缶などの空き缶も現金化できることを知っていますか?

しかも空き缶を集めるだけだから簡単。
空き瓶も現金化可能です。

ただし、労力に対して収益が少ない方法だから注意してください。

アルミ缶を買取業者に持ち込むと、

  • そのまま:約65円
  • プレスした:約85円

1kg100円前後で買い取ってくれます。

単純計算で、10㎏分で約1,000円になるかどうか。
10㎏ものアルミ缶を集めるのは、1日かけても難しいですよね。

さらにプレスもするとなれば、時間の他に体力もかかり大変です。
そのため、手軽な現金化方法とは言えません。

ちなみに、自動販売機横のゴミ箱は所有者が存在するので、勝手に持ち帰ると犯罪になってしまいます。

アルミ缶の現金化は、簡単ですが労力に対するリターンが少ない現金化方法です。

自分でできる現金化方法⑫ANA・JALのマイルを現金化

ANA・JALのマイルを現金化

結論からいうと、ANAやJALのマイルは直接現金にはできません。
ただ、普段の生活でも、現金に近い使い方はできるんです。

その方法も簡単で、マイルをTポイント、nanacoに交換するだけ。
使い勝手の良いポイントに交換すれば、お店で商品などが購入できます。

Tポイント経由なら現金化も可能です。
ただ、100ポイント85円となってしまうので、そのまま使う方がよりお得です。

ANAポイントは、トラノコポイントに交換可能。
投資に興味があるなら、いつでも出金可能になるので便利です。

JALマイルの場合は、WAONやAmazonギフト券に交換できます。

WAONは、まとめて交換すると交換率が良いのが特徴。
イオン系のお店で買い物をするなら、ピッタリの交換先です。

Amazonギフト券に交換する場合も1万マイル1万円分と、交換レートが良いので、JALマイルの交換先としておすすめです。

【換金額1万円~10万円】業者を使わないクレジットカード現金化で適している方法

業者を使わないクレジットカード現金化ならどの方法が適しているか 換金額1万円~10万円
業者を使わないクレジットカード現金化を行う際に最もメリットが大きいのは、換金額が少ない1万円~10万円の範囲内と考えられます。
なぜなら、クレジットカード現金化業者は営利目的で現金化事業を行っているので、少なくとも利益が得られる程度の還元率に据え置いているからです。
換金額が少ないほど換金率を下げて、肝金額が多くなるにつれて段階的に換金額を引き上げる方法を採用しています。
人件費や手作業が多い現金化業務では、少額取引を多数行うよりも多額の取引1回の方が遥かに利益が得られるからです。

このため、自分でできる方法で現金化した時に現金化業者を使った場合と比較して、遥かに換金率を引き上げられるという特徴があります。
換金額1万円~10万円という範囲内ならば、多少手間をかけてでも換金率の高さを狙って必要な金額を確保することが望ましいです。
少額の現金化では、換金率の高さと継続性のバランスを考えた上で現金化方法を選択する必要があります。

第1位 ゲーム機本体を購入して転売

ゲーム機本体・ソフトを売って現金化

ゲーム機本体の販売価格は定価ではなくあくまでもオープン価格となっていますが、新機種発売から暫くの間はゲーム機本体が品薄になることはゲーム好きなら誰でも知っていることです。
子供に欲しいとせがまれて探しても目当てのゲーム機が売っていないことを経験している人ならば、中古店で販売されている新品同様品を探し回ったことがある人もいるはずです。
販売店よりも高い価格で売られているゲーム機を見た時に、それでも購入してしまう人がいることを考えれば、ゲーム機本体の買取価格が新品販売価格を上回っていても不思議ではありません。
品薄状態にあるゲーム機を予約購入または抽選購入して、買取店へ持ち込むと買取店での再販価格が3割増しならば、買取価格も新品販売価格より1割増しであっても納得出来ます。
ゲーム機本体の発売時期にもよりますが、現金が必要となったタイミング次第ではゲーム機買取価格が品薄と人気度合いにより換金率100%超えも珍しくありません。

注意点!
ゲーム機本体を何台も購入する際にはクレジットカード会社から電話問い合わせが入ることがあるので、家族にせがまれてという理由や親戚の子供にプレゼントするためという理由を即答することで誤魔化せます。

ゲーム機本体は1人1台保有していても珍しくはないからこそ、理由を名言出来るなら数台は購入しても問題ありません。

第2位 電子マネー払いで購入してから返品

電子マネーを現金化

キャッシュレス決済を普及するために日本政府がICカード決済も視野に入れた普及促進を行っていることから、各種電子マネー払いも都市部では広がっています。
電子マネーには支払いとチャージという2種類の機能がありますが、全ての対応店舗で支払いは出来てもチャージに対応している店舗は少ないという状況です。
チャージに対応していない店舗では、電子マネー払いで購入した商品の返品については現金払いにて対応するしかありません。

1度支払い購入した商品を返品することで現金にて返金してもらうことが出来れば、換金率100%という状況が実現出来ます。
しかし、電子マネー払いによる返品は換金率100%というメリットがあるものの、次の2つの点についてデメリットが含まれます。

デメリット
  • 同じ店舗で繰り返し返品しづらい
  • 電子マネーにはチャージ上限があるので高額商品は購入出来ない

電子マネー払いで購入した商品の返品は、店舗にとって電子マネー払いのキャンセル手続きが手間となるので、何度も返品をする人に対して電子マネー払いによる決済そのものを拒否することが出来ます。
同じ店舗で繰り返し返品すると威力業務妨害とされかねないために、少額を1回限りで行える程度と考えなければなりません。

電子マネーにはそれぞれチャージ上限金額が定められているので、2万円迄の金額しかチャージ出来ないSuicaでは3万円の商品を購入出来ないわけです。

  • Suicaは2万円がチャージ上限
  • WAONは2万円のチャージ上限を設定により5万円にまで引き上げられる
  • 楽天edyとnanacoはチャージ上限が5万円

数万円という範囲内でチャージ上限が決められているからこそ、少額の現金化についてのみ有効な方法だと考えられます。

第3位 旅行券を購入して転売

ギフト券の多くがクレジットカード決済にて購入出来なくなっていて、一部の例外的な金券を購入するしかありません。
しかし、旅行券については旅行代金及び提携店でしか使えないという利用範囲の狭さから、クレジットカード決済にて購入出来る旅行券があります。
家族へ旅行をプレゼントしたいけれども行き先は自由に選んで欲しいと考えている場合に使いやすいからこそ、旅行券を使った現金化は換金率が90%~95%と高く効率的だと考えて良いです。

【換金額11万円~50万円】業者を使わないクレジットカード現金化で適している方法

業者を使わないクレジットカード現金化ならどの方法が適しているか 換金額11万円~50万円
クレジットカード現金化を行う際に最も利用頻度が高い換金額として、11万円~50万円という範囲が想定されます。
実際に消費者金融や銀行カードローンへの申込時に記入する希望利用限度額として10万円以下を希望する人はほとんどおらず、大半は20万円~50万円程度の範囲内です。
では、自分でできる方法としてどのような現金化方法が現実的なのでしょうか。
ある程度の金額を現金化出来る方法でありながら、換金率もそこそこ高いというバランス重視で選ぶ必要があります。

第1位 amazonギフト券を購入して転売

Amazonなどの電子ギフト券を現金化

amazonギフト券買取専門店が増えていることから、全国どこに住んでいてもamazonギフト券買取をEメールタイプのみ行うことが出来ます。
自宅に居ながらにして買取依頼が出来るからこそ、amazonギフト券転売は手軽な方法と考えられます。
買取専門店を使った転売の場合ならば、買取率85%程度が一般的ですが、自分でできる方法として個人売買市場へ出品して売却すれば92%前後での転売が可能です。
個人売買については一部詐欺を働く個人や集団がいるので、取引時に利用可能ならばエスクローサービスといった方法を使うことも視野に入れる必要があります。

第2位 家電製品を購入して買取店へ持ち込む

家電やパソコンを売って現金化買取価格が安定している一眼レフカメラやApple製品があるので、家電製品の買取率80%以上を目指すなら高額買取商品リストを作成して家電量販店で相対交渉を行う方法があります。
最終的に買取店へ持ち込むことになるので、先に買取店が公表している高額買取品リストを入手してから家電量販店へ出向くと効率的です。
しかし、買取価格は新製品発表のタイミングと重なると即座に値崩れしてしまうので、ある程度家電製品に詳しい人のアドバイスがなければリスクを多少抱えることになります。
運が良ければ品薄商品を中心として買取率が購入価格を上回る100%超えとなる可能性を秘めています。
家電製品を買い取る方法で現金化を行う業者の中には、高額買取可能な商品について問い合わせに応じている所があるので、事前に高額買取可能な商品の型番を問い合わせておくと役立つはずです。

クレジットカード現金化に家電を使った方法 仕組みと注意点とは?

第3位 クレジットカード購入した商品を後日返品する

自分で購入した物を返品して現金化

クレジットカード購入した商品は、クレジットカード決済の仕組み上として売上票がカード会社へ送信されるのが日付を跨いでからとなります。

注意!
商品を購入した日に返品依頼をしても、現金による返金は行われずにクレジットカードの利用可能枠が後日戻るだけです。

そこで、クレジットカードを使った商品購入時に渡されるレシートに記載されている返品期限を確認した上で、翌日以降に再度来店しての返品依頼を行うことで現金による返金を受けることが出来ます。
同じ店舗へ日をまたいで2回訪れる必要があるので、時間と手間はかかりますが換金率は100%となるメリットがあります。

【換金額51万円以上】業者を使わないクレジットカード現金化で適している方法

業者を使わないクレジットカード現金化ならどの方法が適しているか 換金額51万円以上
多額の現金が必要となった時に業者を使わないクレジットカード現金化をしたいなら、クレジットカード会社からある程度目をつけられてしまうという点を考慮した上で現金化を行う必要があります。
具体的には、クレジットカード会社から電話問い合わせを受けても正当な理由や使用目的を明確に回答出来る内容が望ましいです。
事実を正確に伝えるだけに留めておき、クレジットカード会社からの問い合わせに対しては現金化したという部分だけ伏せることが出来れば堂々とクレジットカードを使用したと言い張ることが出来ます。

第1位 ブランド品を購入して転売

ブランド品をを売って現金化

ブランド品を購入して転売する方法ならば、高級ブランドバッグは軽く50万円を超えて中には100万円超えという商品も珍しくありません。
1回の買い物で多額の現金化をしたい場合には、1点のみ高額商品を購入して転売するという方法ならばクレジットカード会社からの問い合わせに対しても明確にどの商品を購入出来ます。

注意点!
1点110万円以上のブランド品を購入する際には、あくまでも自分で使うためまたは家族のうち誰かが使うためという理由にする。

なぜなら、110万円以上のプレゼントを第三者へ行うことは、贈与税支払対象となるのでクレジットカード会社から税務署へ通知されると面倒だからです。

第2位 amazonギフト券経由で商品を購入して転売

amazonギフト券を購入する際に、チャージタイプを選択することによりamazonアカウントへ直接チャージされます。
amazonギフト券を毎月購入している人は多いですが、自分のアカウントへ登録したという証明をamazon側でクレジットカード会社へ行ってもらえるのでクレジットカード会社からの問い合わせがあっても恐れる必要がありません。
amazon内で販売されている商品を転売する手間さえかければよいので、金額が大きな現金化を業者を使わない方法で行いたいなら適した方法だと考えられます。
一旦自宅へ商品を届けてもらい保管する必要があり、家電製品を購入商品として選ぶ場合には初期不良交換を伴うので、転売時に動作確認有無を明記する点を忘れないようにする必要があります。
嵩張る商品よりも小型で高単価な商品から選んでおけば、転売時の配送が楽になるはずです。

第3位 仮想通貨を購入して現金化

仮想通貨を売って現金化

クレジットカード会社が問い合わせ出来る範囲を超えた使い方として、仮想通貨を海外取引所経由で購入して国内の取引所へ持ち込み現金化する方法があります。日本国内の取引所ではクレジットカード決済による仮想通貨購入が既に出来なくなっているので、海外取引所を使うことにより合法的な現金化が可能です。注意点としては、海外取引所は基本的に英語力を必要とするので、取引に必要な範囲で英語によるやり取りが出来ることが求められます。また、日本国内の取引所へ持ち込む時点迄に、クレジットカードの海外事務手数料や為替変動による影響を受けるので、数%の誤差が換金時に発生しやすいです。

自分でできるクレジットカード現金化で安全性を重視して選ぶなら

自分でできる方法の中からクレジットカード現金化を安全性重視で選ぶならどれ
自分でできる方法の中から安全性重視でクレジットカード現金化方法を選ぶなら、どのような方法が適しているのでしょうか。
ポイントとなるのは、クレジットカード会社から追求されるかどうかという点です。
クレジットカード現金化は、どのような方法を採用していても最終的にクレジットカード会社にバレなければ利用停止リスクや強制解約を防げます。
クレジットカード会社が使用履歴をどこまで追えるのかという点を考慮して、クレジットカード会社が追跡できるかどうかを基準にして安全性を判断すると分かりやすいです。

第1位 amazonギフト券経由で商品を購入して転売

amazonギフト券をクレジットカード決済で購入する際にチャージタイプを選択すれば、amazonアカウントへ直接チャージされるので誰かに引き渡したということはありません。
クレジットカード会社か使い道を聞かれた時にも、amazonギフト券をチャージタイプで購入したと答えれば十分です。
amazonへクレジットカード会社が問い合わせても、個人の取引情報についてはクレジットカード決済による直接購入ではないため回答義務が無く本人の同意無しに購入商品については開示することはありません。
amazonブランドのクレジットカードを使用した場合のみは、情報連携の度合いが強い可能性があるので同一商品の購入を避ける方法を追加する必要があります。

第2位 電子マネーを使って購入した商品を返品

電子マネーを現金化

電子マネーへクレジットカード経由でチャージすれば、電子マネーをどのように使用したのかという点まではクレジットカード会社が追求出来ません。
そもそも電子マネーにはチャージ上限が設定されているので、取引額がさほど大きくならないことから、電子マネーを使って購入した商品の返品程度ではクレジットカード会社からの問い合わせ自体がほとんど無いわけです。

唯一気をつけなければならない点として、電子マネー発行会社と同じグループ会社が発行しているクレジットカードを使った場合には、電子マネー使用履歴が筒抜けとなるので返品を繰り返していることが簡単に露呈します。
WAONならばイオンカード、楽天edyならば楽天カード、nanacoならばアイワイカードといった具合に電子マネーへチャージする際には同一グループ内でのクレジットカード経由でのチャージは危険です。

第3位 旅行券を購入して買取店へ売却

旅行券を購入する際にクレジットカード決済を行うことは、旅行券が一般的な商品券とは異なり汎用性がさほど高くないために買取店へ売却しても余程多額でなければバレることはありません。
年に1回程度海外旅行を行っているならば、旅行券購入額が海外旅行金額程度であっても不審に思われることは無いはずです。
なぜなら、旅行券をどのように使っているのかはクレジットカード会社には分からないので、旅行券の使い道までは詮索されないからです。

自分でできるクレジットカード現金化でスピードを重視して選ぶなら

自分でできる方法の中からクレジットカード現金化をスピード重視で選ぶならどれ
業者を使わない方法でクレジットカードを現金化しようとすると、手間と時間がどうしても現金化業者を使った場合と比較してかかりやすいです。
そこで、自分でできる方法の中からスピード重視で現金化する方法を知っておけば、現金化業者を使った場合と同様に最短即日で現金化を行えます。

スピード重視する際に有効なのは?

最短即日で現金化

  • 平日ならば銀行口座へのオンライン入金
  • 土日ならば買取店へ直接商品を持ち込む

業者を使わない方法であっても当日中に数時間あれば現金化出来ることを知れば、必ずしも現金化業者を使わなくても問題ないと分かります。

第1位 amazonギフト券を購入して転売市場へ売却

Amazonなどの電子ギフト券を現金化

amazonギフト券Eメールタイプを購入して、転売市場で直接売却すれば詐欺リスクはあるものの最短1時間で現金化出来ます。
実際に売れるかどうかはamazonギフト券の額面を1万円や5万円といった売却しやすい金額で分散して行っているかどうかが重要です。
多額の現金化を行う際には、取引に関するやり取りが増える点さえ厭わなければ早期に現金化出来ます。
amazonギフト券買取専門店へ最初から売却する場合と比較して、スピードと買取率のバランスを考えて転売市場への売却をするか決めることが望ましいです。

第2位 新幹線回数券を購入して買取店へ持ち込む

新幹線回数券を購入して現金化

昔ながらの自分でできる方法として、新幹線回数券を購入して金券ショップへ持ち込むという方法ならば、少なくとも92%以上での買取をその場で行うことが出来ます。
1冊のみの購入ならばクレジットカード会社からのチェックに引っ掛かる可能性は低く、2冊購入する際には自動券売機を避けてみどりの窓口を利用して窓口決済を行うことが望ましいです。
なぜなら、みどりの窓口ならば合計金額で決済が出来るので、旅行代金の支払いと同じ扱いでクレジットカード会社の監視システムからは見えるからです。
みどりの窓口にて旅行チケットを手配中にクレジットカードを使うことは一般的であって、その都度クレジットカード会社から問い合わせが行われていたのでは困ります。
自動券売機とは異なり対面販売時には、多額の新幹線回数券購入時にJR駅員から利用上の注意点と期限について質問があるので、不正利用をJR側も警戒していることが分かります。
同じ金額の新幹線回数券を購入する場合であっても、窓口での対面販売ならばクレジットカード会社の監視システムに引っ掛かりにくくなります。

第3位 ブランド品を購入して買取店へ持ち込む

ブランド品をを売って現金化

ブランド品の買取額を先に確認しておけば、正規販売店にてクレジットカード決済による購入を行いすぐに買取店へ持ち込めば買取してもらえます。
買取店はブランド品正規販売店の近くにあることが多いので、先に買取店を訪ねて仕入れたい商品を聞いておくことが出来れば話が早いです。
クレジットカード会社がブランド品正規販売店に対して何らかのペナルティーを与えることは考えられないので、買取店としては正規品をすぐに仕入れてきてくれる優良顧客という考え方となります。
地方在住者にとってはブランド品販売直営店と買取店が近くにあるわけではないので、交通費分だけ余計にかかる点だけ注意が必要です。

業者を使わないで自分で現金化するときはオークションもおすすめ

業者を使わないで自分で現金化するときはオークションもおすすめ
ネットオークションで高額で売れそうな商品を購入して、転売すれば多額の現金化が可能になります。

リサイクル店や中古買取り店へ行くよりは、商品を見極めてタイミングが合えばオークションの方が高い換金率で現金化が狙えます。

自分ではゴミだと思っていても本当は価値の高い商品もあります。
捨てる前に1度売れるかどうか調べてみるのもよいかもしれません。

オークションで高く売れるものは多く、ゲーム機やゲームソフト、フィギアはおすすめのジャンルです。

またこのようなジャンルの商品は、現金化目的の購入であってもクレジットカード会社などに目を付けられにくいです。

ネットオークションは手数料がかかりますが、それでも還元率100%越えも夢ではありません。

ただ、専門業者などのライバルも多いため、思っていた金額ならないという可能性もあります。
買取業者とは違い1度落札されるとキャンセルが聞かないので、慎重に行いましょう。

ネットオークションで高く買い取ってもらうコツとしては、写真をきれいに撮ることと説明をきちんと書くことが挙げられます。

ネットオークションに出品されている商品はかなりの数です。
その中でもきちんと写真が撮られていて、傷や汚れの有無、動作は正常かなどしっかり記すことが大切ですよ。

壊れて使えない可能性があるジャンク品でも、

  • 部品に価値がある
  • 修理すれば使用可能

などの理由でコレクターが多い商品は高い需要があります。

中でもスマートフォンは、金・銀・銅・スズなどほかにも多くのレアメタルが使用されています。
そのレアメタルは日本で採掘されることはない海外からの資源で、大変貴重です。

そのため、壊れてゴミだと思っていたスマートフォンが高く買い取ってもらえることもありますよ。

また、オークションを使ってすぐに現金が欲しい場合、自作自演でオークションに出品する方法もあります。
自分で出品して自分で落札する方法です。

2つのアカウントを用意しなければいけませんが、クレジットカードを現金化するためには時間と手間がかからない方法です。

アカウントそれぞれに別々の電話番号と住所が必要なので、完全に1人で行うのは難しいですが、別の地域に住んでいる家族や友達に協力してもらえば簡単にできる方法でしょう。

しかし、ほかに人に落札されてしまった場合、送る手間などがかかってしまうので注意してください。
ただし、ネットオークションで有名なヤフオクは現金化を規約違反としています。
もし発覚した場合、会員資格がなくなりヤフオクを利用できなくなるといったことも。

オークションでの現金化は、予想以上に大きな現金を手に入れることもありますが、損やリスクもあります。
ネットオークションについて理解して現金化するようにしましょう。

オークッションかぁ。
したことないけど、家にあるもので手軽にオークションに出品できるのか。
してみようかな。

現金化を効率よくしたいなら自分でやるより業者がおすすめ

現金化を効率よくしたいなら自分でやるより業者がおすすめ

信頼できる現金化業者が見つかれば業者を使う方が自分で現金化するよりいい場合があるぞ。
そうなんだ。
現金化業者はなんだか怖いような気がするけど考えてみようかな。
業者を利用するメリット・デメリットを確認して利用するかどうか検討してみるといい。

「手間と時間をかけたくない」「大きな損をしたくない」方は現金化業者を頼ることをおすすめします。
自分で現金化すると手間と時間がかなりかかるうえに損をすることもあります。

現金化業者なら、申し込みをして指定の商品を購入するだけです。
手間がほとんどかからないといえるでしょう。

身分証や顔写真もスマホで写真を撮って送信するだけで簡単に手続きが終わります。

安全に現金化ができる

自分では手間暇がかかる現金化を、カード会社に目を付けられずうまく現金化するためには現金化業者を利用しましょう。

換金率は平均で80%くらいですが、自分で現金化して疑いをかけられるよりはいいです。

安心できる現金化業者の見極めは難しいですが、優良店をリサーチして申し込めば安全に現金化ができますよ。

即日現金化ができる

現金化業者にお願いすることで、早ければ数十分で現金を手に入れられることもあります。

特に即金性の高い現金化業者はキャッシュバック式を取り入れている専門業者です。
買い取り式は業者が決めた商品を購入後に配送する必要があるため、現金化まで時間がかかります。

少しでも早く現金化したい方はキャッシュバック式の現金化業者を選びましょう。

クレジットカード現金化は違法になる?

クレジットカード現金化は違法になる?

やっぱり、クレジットカードを現金化することって違法になるんじゃないの?
クレジットカード現金化は、違法ではないぞ。
でも規約違反だ!
え?規約違反?どうなるの?
じゃあ、クレジットカード現金化の注意点を解説するぞ。
はい。
お願いします。

「クレジットカードの現金化は違法ではないか?」「闇金ではないか?」と思う方もいるのではないでしょうか。

クレジットカードの現金化じゃ、消費者金融のような借金ではありません。
現金化業者は、古物商の許可を得ているので法律に触れているわけではないからです。

しかし、グレーゾーンと考えられているのも事実です。

ほとんどのクレジットカード会社で現金化によりさまざまな問題が発生していることから、規約で現金化を禁止しています。

そのため、クレジットカード会社に現金化の事実が発覚すると、利用停止や強制解約を求められます。

購入した商品を把握しておくことでリスクを減らすことができる

クレジットカード現金化を業者を使わないまま行う際には、クレジットカード明細票を毎月保存するだけでなく何を購入したのか別に購入明細を詳しく記入して保管しておく必要があります。

なぜなら、1枚のクレジットカードに対して購入した商品が重複すると、不正利用をクレジットカード会社から疑われてしまうからです。

クレジットカード番号別に管理
・購入商品
・購入商品の利用目的
・購入金額
・使用したクレジットカード
・購入日

という5つのチェックポイントを常にクレジットカード番号別に管理しておくことで、不自然なクレジットカード決済を予防することが出来ます。

例えば、冷蔵庫を複数台購入することは不自然なクレジットカード決済と考えられるので、クレジットカード会社から電話連絡が入ることを想定してすぐに電話に出られる状態にしておかなければなりません。

自宅と実家用といった明確な理由を即答出来れば問題ありませんが、3台目の購入は絶望的だと考えられます。

1世帯に1つしか無いはずの家電製品を購入する際には、現金化の手段として使わないことが理想です。

どうしても品薄で買取率が高い商品を購入してプレミア価格狙いをしたい場合には、複数枚のクレジットカードを使用して分散して購入しなければなりません。

業者を使わないクレジットカード現金化のよくある質問

業者を使わないクレジットカード現金化のよくある質問

ここからは、自分で現金化するときのよくある質問に答えていくよ。
ほかの人が疑問に感じることは、自分も疑問に感じやすい。
質問もしっかり頭に入れて行おう!
はい。
わかりました。

クレジットカードの現金化を業者なしでする際のよくある質問を分かりやすくまとめました。
今から現金化を検討している方は参考にしてください。

換金率の高い商品ってどんなものがあるの?

換金率のいい商品は、

  • 新幹線の回数券やバスの回数券
  • Amazonギフト券
  • クレジットカード会社発行のギフト券
  • ゲーム機器やフィギュア

などです。

交通系の回数券は何度も買うとクレジットカード会社から怪しまれるので、換金率がいいからといって何度も繰り返し購入しないようにしましょう。

自分で現金化するときに必要なものは?

自分でクレジットカードを現金化する場合は、クレジットカード、換金率が高い商品と公的身分証です。

古物営業法によって、身分を確認することが定められているため、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの身分証を用意しておいてください。

自分で安全に現金化するにはどうすればいい?

不自然な購入はやめましょう。
いかにも現金化するために購入したことが分かるような購入履歴は、カード会社が疑う原因となります。

ゲームなどは疑われるリスクは低いですが、何度も同じソフトを購入すると怪しまれるので、このような不自然な買い方はやめましょう。

初めてでも業者を使わない現金化はできますか?

はじめてでも業者を通さず現金化は可能です。
ただし、しっかりとしたリサーチ、購入転売などの手間がかかります。

クレジットカードの仕組みを理解し、現金化についても知識をつけ、市場調査なども行ったうえで現金化しましょう。

家族カード(夫・妻のカード)でも利用できる?

家族カードの名義が自分であれば現金化できます。

しかし、名義がほかの家族(夫・妻)であれば、名義者本人の承諾がなければクレジットカードでの現金化はできません。

クレジットカードの現金化限度額はある?

現金化はショッピング枠を使います。

クレジットカードのショッピング枠はカードの所有者によって違うので、自分のショッピング枠の上限を確認しましょう。

クレジットカード現金化は違法?

クレジットカードの現金化は違法ではありません。

しかし、グレーゾーンとして自治体などが危険性を呼び掛けています。
現金化をしたことでトラブルが発生している事例が多発しているからです。

本当に現金化でないと現金が手に入れられないのか考えて利用するようにしてください。

自分で現金化するときはしっかりリサーチして行いましょう!

現金化についてよくわかったよ。
現金化にはリスクもあるけど、方法によって得することもあるんだね。
そうだな。
リスクも大いにある。実際カード会社は違反だとしている。
でも、さまざまな方法があるから自分に合った方法をみつけて現金化してみるのもいいかもしれないな。
そのためには、知識が必要だぞ。
わかった!
勉強して実践してみるよ。
損をするのも得をするのも自分次第だ。
知識を深め、実践してみてみるのもいいだろう。
しかし、クレジットカード利用は危険性があることは常に頭に入れておくんだぞ。

現金化業者はプロであるので現金化がバレにくい対策を常にしています。

しかし、自分で現金化する場合は知識が必要です。
どのような商品が高く売れるか、どこで売ればいいかなどリサーチをして、手間をしっかりかけてすることをおすすめします。

また、クレジットカードを現金化する行為は、違法とはなりませんがカード会社は規約で違反としています。

カード会社に現金化したことが見つかると最悪の場合、強制退会となり、の未払い代金も一括で請求されます。

現金化は一時的に現金が入って儲かったよう気分になりますが、損失があることも多いという認識をもって利用してください。