ファタクタリングを装うヤミ金とは?債権取引とヤミ金の違法融資の違いを徹底解説!

ファクタリング ヤミ金

ライター:のぼる

特定の行為を求める権利と求められた行為の実行義務が債権と債務で、金銭の取引では支払いを求める側が債権者、支払い義務を負う側が債務者となります。

債権は資産に位置付けられ、ファクタリングでは民法で認められた債権譲渡や資産売却を行い現金に置き換えるので貸金業の認可業者以外でも取引を取り扱えます

このためファクタリングを装い違法融資するヤミ金の温床となり、「ファクタリングは違法」と言うイメージがあるので、ファクタリングとヤミ金の違法融資の違いを紹介します。

摘発されるファクタリング業者の正体はヤミ金!債券取引と違法融資は全く異なる取引

摘発されるファクタリング業者の正体はヤミ金!債券取引と違法融資は全く異なる取引
ファクタリングの利用者数増加と共に、ファクタリングを装った違法取引でファクタリング業者が摘発されたという報道も増加しています。

しかし摘発されたファクタリング業者の正体が、実はヤミ金と呼ばれる無許可融資を行う違法業者ばかりで、不必要にファクタリングのイメージが低下しているのが事実です。

ファクタリング業者が摘発される度にファクタリングに対するイメージが下がってる気がするんだけど、ファクタリングに違法性はないんだよな?
そうだな業者摘発の報道を確認するとファクタリングを装って違法融資を行ったヤミ金だって内容なんだけど、タイトルは「ファクタリング業者逮捕」だからな。
それそれ、不必要にファクタリングのイメージが低下している気がするんだけど、どうしてヤミ金はファクタリング業者になりすますんだろう?
そりゃファクタリングが貸金業者以外でも取り扱える取引なのが、大きく影響していると思うよ。融資を取り扱うためには貸金業の認可を受ける必要があるからな。
それでも、わざわざファクタリングを装う必要はないと思うんだけど、なぜファクタリングを装って利用者を引っ掛けようとするんだろうか?
それは資金調達やファクタリングのシステムをしっかり掴まずに資金繰りしようと考える利用者が少なくないからだろう。ファクタリングと融資の違いから見ていこうか。

資金調達手段として主に利用されるファクタリングと融資の位置付けの違いとは?

運転資金などの事業資金調達手段は3つに大別できます。

事業資金調達手段
  • アセットファイナンス
  • デッドファイナンス
  • エクイティファイナンス
  • アセットファイナンスは保有資産を現金に置き換える資金調達手段で、保有不動産・車両・機械設備・製品在庫などの有形資産や債権などの無形資産の現金化を行います。

    無形資産の売掛債権を譲渡・売却するファクタリングはアセットファイナンスの1つで、資産のオフバランス化とキャッシュフロー健全化を推し進められる資金調達手段です。

  • デッドファイナンスは融資を受ける資金調達手段で、銀行などの民間金融機関や公的金融機関から借入して資金調達を行います。

    借入額を資産計上する必要があるのでバランスシートと呼ばれる貸借対照表(B/S)上の総資産が増加して総資産利益率(ROA)と自己資本比率が低下してしまいます。

  • エクイティファイナンスは投資家に投資を募り資金調達を行う資金調達手段で、従来は上場企業のみが行えましたが、現在はクラウドファンディングで小規模投資を受けられます。

    投資を募る形は資金調達の不確定要素が非常に大きく、運転資金の資金繰りには不向きだと考えられる資金調達手段だと言えます。

既述のとおりファクタリングは保有資産を現金に置き換え、融資は金融機関から借入することで資金調達を行うものなので、同じ資金調達でも全く異なる取引に位置付けられます。

融資ではなく債権取引で資金調達するファクタリングは貸金業者以外も取り扱える

既述のとおりファクタリングは保有する無形資産の売掛債権を譲渡・売却する資金調達手段なので、貸金業の認可を持たずに取引を取り扱えます。

無認可取引できるので参入企業が多いことがファクタリングの普及に一役買っていると言えますが、ヤミ金の温床になりやすい側面が存在するのも事実です。

債権取引と融資は契約内容や取引条件が異なる!ファクタリングとヤミ金の違いとは

債権取引と融資は契約内容や取引条件が異なる!ファクタリングとヤミ金の違いとは
ファクタリングとファクタリングを装うヤミ金の最大の違いは、正式なファクタリングが債権取引なのに対しヤミ金は融資を行っていると言う点だと言えます。

ファクタリングを装う悪質な違法業者ヤミ金をうっかり引き当てないためには、ファクタリングとヤミ金が行う融資の違いを正確に掴んでおくことが効果的です。

ファクタリングはアセットファイナンス、融資はデッドファイナンスっていう位置付けがされてるんだ。知ってるとなんか物凄いファイナンス・エキスパートになった気がするな。
ハハハッ、うっかり使ってボロがでたらかえってカッコ悪いから、無理して横文字の専門用語使わないほうが良いぞ。
なんだよ!そんなこと言うなよ!横文字の専門用語を駆使してスラスラってカッコ良く現金化のことを語ってみたいんだよ!まぁ、現状じゃ勉強中って自覚はあるんだけど。
そうか、なら良く学べよ。知識が増えればうっかりファクタリングを装う悪質な違法業者ヤミ金を引き当てることを回避できるようになるからな。
そうだよな。きちんと知識を付けて自衛することで「トラブルに巻き込まれるのを回避できる」っていうのは最近つくづく思い知らされてるよ。正確な知識はほんと大切だよな。
なら、ヤミ金の違法融資に引っかからないために、正式なファクタリングとファクタリングを装う悪質なヤミ金の違法融資の違いを確認しておこうか。

ファクタリングと融資で異なる契約内容や取引条件とは?

民法で定める債権譲渡や資産売却で保有する無形資産の売掛債権を現金に置き換えるのがファクタリングで、保有資産の処分で資金調達するのが融資と大きく異なる点です。

債権取引のファクタリングと借入を行う融資では、取引の際の契約内容や取引条件が異なるので、違いを掴めば利用説明を受けるだけでヤミ金を見破れる可能性が高くなります。

ファクタリングの契約内容や取引条件とは?

保有する無形資産である売掛債権を譲渡・売却する債権取引で現金を手に入れられるのが、ファクタリングの最大の特徴で、契約内容が譲渡・売却なので返済義務が発生しません

保有する無形資産を現金化する方法には手形割引もありますが、手形割引は譲渡した手形が不渡りになると買い戻し義務のある「償還請求権のあるウィズリコース」の契約です。

ファクタリングは譲渡した売掛債権が回収不能になっても買戻し義務のない「償還請求権のないノンリコース」の契約なので現金化後に譲渡債権に関係する金銭負担がありません。

また契約内容が譲渡・売却なので既に紹介したとおり貸金業の認可を受けていなくても、取引を取り扱えます。

ファクタリングは利用者と業者の二社間で取引する二社間取引と売掛金を支払う債務者に債権譲渡を通知して合意を得る三社間取引のどちらかの契約方法で取引します。

二社間取引は利用者と業者間が回収業務委託契約を結び、利用者が回収した売掛金を業者に支払うので着服防止に契約と共に法務局で債権譲渡登記を行います。

ファクタリングは債権取引なので無担保・無保証人で利用できますが、債務者と債権者の信用調査を行う審査を通過しなければ利用できません。

審査対象は売掛金を支払う債務者の経営状況や支払い履歴などが重視されますが、利用者の着服リスクがある二社間取引では債務者と共に利用者の信用調査も行われます。

融資の契約内容や取引条件とは?

融資の契約内容や取引条件とは?
金融機関から借入を行う融資を利用すると、利用者は債務者となるので債権者である金融機関への返済義務が発生し、借入額や返済期間に応じた利息の支払い義務も発生します。

融資を行う金融機関は貸付を行う際、不動産などの物的担保と保証人の人的担保の設定を求めることで、貸付金が未回収になった場合のダメージを抑えようとするのが一般的です。

また審査では

  • 事業計画概要
  • 事業概要
  • 事業の環境分析
  • 事業の可能性評価
  • 経営陣の経歴と予定する組織
  • 返済計画などが確認できる大量の書類提出

が求められます。

融資は金融機関から直接融資を受けるプロパー融資と、公的機関の信用保証協会から信用保証を受ける制度融資(保証付き融資)の二種類を選ぶことができます

制度融資は利用者が返済不能になった場合、信用保証協会が代位弁済を行うので金融機関がリスクを負わず融資できるので、プロパー融資より審査を通過する確率が高くなります。

融資を行えるのは金融庁から貸金業の認可を受けた貸金業者に限定され、貸付額や利息は貸金業法・出資法・利息制限法などで厳しく制限されています。

無認可融資を行う違法な金融業者ヤミ金とは?なぜヤミ金はファクタリングを装うのか

一般的な金融機関の審査に通過できない利用者や、多重債務で既に法律で定められた融資上限額まで利用している利用者などに違法な融資を行う無認可業者がヤミ金です。

既述のとおり融資は金融庁から貸金業の認可を受けた貸金業者しか取り扱うことができず、整備された法律で貸付額や利息が厳しく制限されています。

ヤミ金は法律の規制を無視した違法業者なので信用情報に問題がある利用者や多重債務者でも利用できますが、法定上限利息を遥かに上回る高額な利息が発生します。

もちろん違法な無認可業者なので大々的に融資を行なうことはできませんが、ファクタリング業者を装うことで資金調達を計画している利用者を集められます。

また債権取引のファクタリングには手数料の規制がなく、手数料名目で利息制限法で定める法定金利以上の利益が得られるのもヤミ金がファクタリングを装う理由だと言えます。

引き当ての回避にはファクタリングを装うヤミ金の手口を掴んでおくのが効果的

引き当ての回避にはファクタリングを装うヤミ金の手口を掴んでおくのが効果的
ファクタリングは無担保・無保証人で返済義務の発生しない資金調達手段ですが、ファクタリングを装ったヤミ金の違法融資は担保や保証人、借入元本と利息返済が求められます

うっかりヤミ金を引き当ててしまうと資金調達どころか金銭トラブルに巻き込まれかねないので、ファクタリングを装うヤミ金の手口を掴み引き当てを回避したいものです。

なるほど、ファクタリングと融資は全く異なる資金調達手段なんだな。これを知っているだけで利用説明を受けた時点である程度ファクタリングを装うヤミ金を見破れるな。
そうだろう。ファクタリングや融資がどんなシステム・契約内容・取引条件で取引されるものなのかを掴んでおくだけでヤミ金の引き当てリスクを大きく低下させられるだろう。
だけど利用説明である程度はヤミ金を見破れるとしても、向こうも巧みに言い逃れたりごまかすだろうからシステムや取引の知識だけでの完全な引き当て回避は難しいかもな。
そうだな、ヤミ金が詐欺グループであるケースも珍しくないから嘘やごまかしはお手の物だろうし、向こうも必死で騙そうとしてくるだろうから完全な回避は難しいかもな。
だからもっと具体的なヤミ金の手口が判れは、さらにヤミ金を見破るのが簡単になるんじゃない?効率的に資金調達しようとしたら正体がヤミ金だったじゃ本当に悲劇だからな。
そうだな、ファクタリングを装う違法なヤミ金の具体的な手口や、ヤミ金の可能性が高い業者の特徴なんかを確認してリスク回避の可能性を向上させておこうか。

ファクタリングを装い違法な無認可融資を行うヤミ金の手口とは?

正式なファクタリングは債権取引を行い資金調達するもので、無担保・無保証人・無利息ですし、借入ではなくノンリコース取引なので取引後の金銭負担が発生しません。

しかしヤミ金は巧みにファクタリングを装い利用者を違法な無認可融資に引き込もうとするのが特徴で、最も判りやすい例では個人向けの給与ファクタリングが挙げられます。

給与ファクタリングは勤務先から支払われる給与を債権として位置付け、給与受取りの権利を譲渡することで給料日より前に勤務先から給与の前借りができると言うものです。

給与ファクタリングは仮に20万円の支給額で利用しても、前借できるのは3~4万円程度16~17万円の法外な手数料が差し引かれると言う非常に悪質な取引を行っています。

形式上は債権譲渡になるため明確に違法と決定づける法律が存在しませんが、金融庁は貸金業に該当すると言う見解を発表していて、給与ファクタリング業者が逮捕されています。

20万円が4万円になると言うことは利用額の80%に相当する16万円が手数料となり、この手数料は年率960%の利息に相当します。

利息制限法で定められた上限金利が15~20%ですので、ファクタリングを装ったヤミ金は法定金利の48~64倍もの高金利を得ていたことになります。

ファクタリングを装ったヤミ金の逮捕容疑は貸金業法違反・出資法違反・利息制限法違反になっていて、給与ファクタリングはファクタリングではなく融資だと判断されています。

引き当て回避には重要!ファクタリングを装ったヤミ金の特徴とは?

引き当て回避には重要!ファクタリングを装ったヤミ金の特徴とは?
年率960%に相当する法外な手数料を差し引かれたのでは効率的な資金調達どころか、保有する資産をヤミ金に吸い上げられるだけなのでヤミ金引き当ては絶対回避すべきです。

ヤミ金引き当てを回避するためには次に挙げる、ファクタリングを装ったヤミ金の特徴をしっかりと掴んで1つでも該当する場合は利用を見送ることをおすすめします。

ファクタリングを装ったヤミ金の特徴として挙げられるのが

ファクタリングを装ったヤミ金の特徴
  • 公式サイトがない・公式サイト内で会社概要が公開されていない
  • ファクタリングなのに貸金業者認定を強調する
  • 手数料の金額や内訳が不明瞭
  • 面接での取引内容説明を避ける
  • 驚くほど提出書類が少ない・無審査で利用できる
  • 契約に担保や保証人・保証金設定が必要

ですので以下の詳細に該当する点がある業者はヤミ金の可能性が高いと考えられます。

公式サイトがない・公式サイト内で会社概要が公開されていない

正式なファクタリングを取り扱う業者の大部分が公式サイトを用意し、自社のファクタリングサービスの取引内容を公開しています。

ヤミ金は次々に会社名を変更しながら違法な無認可融資を行う傾向にあり、公式サイトを用意していないケースが珍しくありません

また正式なファクタリング業者は会社概要で所在地・連絡先・代表者氏名・成立年月日・事業概要などを公開しているので会社概要の情報が少ない業者は避けるべきでしょう。

ファクタリングなのに貸金業者認定を強調する

金融庁から貸金業の認可を受けた貸金業者がファクタリングを取り扱うケースもありますが、本来ファクタリングの取扱いに貸金業の認可は必要ありません。

ヤミ金のなかには嘘の貸金業者登録番号を掲げることで、正式なファクタリング業者であることを装います

必要以上に認可を受けた貸金業者であることを強調する場合は、ヤミ金の可能性が高いと考えられるので利用は見送るべきだと言えるでしょう。

手数料の金額や内訳が不明瞭

手数料の金額や内訳が不明瞭
ファクタリングの手数料は業者によって異なりますが二社間取引で20~30%三社間取引で1~9%が目安になります。

この手数料は業者利益と負担リスクを考慮して算出するもので掛け目率と呼ばれ、これ以外に事務手数料が発生します。

債権譲渡登記を行う二社間取引は未回収リスクも高いので手数料が高額な傾向にあり、実質換金率は65~70%程度になり売掛債権額の65~70%の現金を手に入れられます

法外な手数料を請求するヤミ金は自社の手数料を秘匿しようとするので、掛け目率や手数料が明確に提示されない業者はヤミ金の可能性が高いと捉えるべきでしょう。

面接での取引内容説明を避ける

ファクタリングは利用者の人柄なども信用調査の対象となっているので対面でのヒアリング調査を行いたがりますが、ヤミ金は面接を避ける傾向にあります

またファクタリングの代金の支払いを振込ではなく取引の証拠が残らない手渡しで渡すのを好むのもヤミ金の特徴だと言えます。

代金手渡しには違法融資であることを知らされていないアルバイトなどを利用するので、違法融資が発覚しても捜査の手がヤミ金に届かないようになっています。

驚くほど提出書類が少ない・無審査で利用できる

ファクタリングの審査は融資ほどハードルが高くないものの、利用者や債務者の経営状態や債務者の支払い履歴が確認できる書類提出が求められます。

驚くほど提出書類が少ないケースや、簡単な質問だけの実質無審査で利用できるケースはヤミ金の可能性を疑うべきだと言えます。

またファクタリング契約ではなく金銭消費貸借証明書で契約を進めようとする業者はヤミ金だと言えますので利用は控えるべきです。

契約に担保や保証人・保証金設定が必要

ファクタリングは無担保・保証人で利用できる資金調達手段なので担保や保証人、保証金設定を求める業者はヤミ金の可能性が疑えます。

またノンリコース取引が正式なファクタリングなので、ウィズリコースの取引は利用を控えるべきだと言えます。

ファクタリングを装うヤミ金の引き当てリスクは情報収集で回避できる!

ファクタリングを装うヤミ金の引き当てリスクは情報収集で回避できる!
資金調達手段として非常に効果的で理想的な資金繰りを実現できるのがファクタリングですが、うっかりヤミ金を引き当てると金銭トラブルに巻き込まれてしまいます

ヤミ金の引き当てリスクを回避するためには、ファクタリングの正確な最新情報をしっかりと掴んでおくことが効果的だと言えるでしょう。

ファタクタリングを装うヤミ金との違いとは?

  • 正式なファクタリングが債権取引なのに対しヤミ金は融資を行っている
  • ファクタリングは契約内容が譲渡・売却なので返済義務が発生しません
  • 無認可融資を行う違法な金融業者ヤミ金は法定上限利息を遥かに上回る高額な利息が発生します

俺LOVE現金化はあらゆる現金化を取り扱う現金化専門情報サイトで、ファクタリングによる資金調達の最新情報も豊富に取り扱っています。

俺LOVE現金化の掲載情報をフル活用することでファクタリングを装うヤミ金ではなく、正式なファクタリング業者で理想的な資金調達を実現することが可能になります。

刻一刻と変化する現金化市場の最新情報を調査し新規公開や情報更新を行う俺LOVE現金化の掲載情報を参考に効率的な現金化で資金調達を行ってくださいね。