waonは現金化できない?返品で効率的な現金化ができる方法を紹介!

waon

ライター:こうじ

イオンで普段買い物をする人など、waonカードを持っている方も少なくないでしょう。

しかし、

waonのカードにたくさんチャージしすぎてしまった
現金が必要なのにwaonにはたくさんの残高がある

といったトラブルが起きることも珍しくありません。

そこで本記事では、waonの現金化に関して、返品やさまざまな方法で現金を入手する方法、そのメリット・デメリットや注意すべきポイントなどを詳しくお伝えします。

waonの電子マネーを現金化する方法があるのは本当か

waonの電子マネーを現金化する方法があるのは本当か
waonは現金化できない電子マネーといわれるように、非常に現金化が難しいことが知られています。
なぜ現金化が難しいのか、どうすれば現金化できるのか、waonの電子マネーの特徴を紹介しつつ、現金化の仕組みやその難易度などについても解説します。

イオンで使えるwaonのカードってあるだろ?あれを現金化したいんだけど、どうしたらいいんだ?
waonは電子マネーでクレジットカードとは異なるから、現金化するのがちょっと大変なんだ。
どんなふうに大変なんだ?
クレジットカードでは購入できたものが電子マネーでは購入できないんだ。現金化で使われるアマゾン券もその一つだな。それから、現金化業者でwaonを出してもクレジットカードのように現金化してくれないとかだ。
でも、電子マネーって、返金処理で払い戻しできないのか?そうすれば、チャージしていた金額100%の現金が返ってくるだろ?
実は、waonは返金処理や払い戻しができない電子マネーなんだ。それが現金化の難しい理由ともされているんだ。Suicaのようにカード本体を返却すれば全額返金されるとかのサービスは存在しないんだ。
じゃあ、waonはどうすれば現金化できるんだ?
それをこれから説明しようと思う。まずは、waonカードがどんなカードなのか、その特性を知って、どうすれば現金化できるのかを見ていこうな。

現金化のできるwaonカードとは

イオンで使える電子マネーとして知られているのがwaonです。
チャージ式を採用しており、ショッピングで支払う方法がよく知られています。
それだけでなく、ポイントを貯めることで現金だけでなくポイントからも電子マネーに交換することが可能です。
ICカード方式でレジなどの支払いを行うため、コンビニやその他対応店などでも買い物に使えます。

カードには、クレジットカード一体型やキャッシュカード一体型など、電子マネー単独として使うだけでなく、他の機能と組み合わせたカードも存在します。
また、WAONには実店舗向けのWAONカードとモバイルWAONの2タイプがあり、使いやすい方を選べるのが特徴です。
両方を使い分けることができるため、実店舗やネット等さまざまな場面で使用できます。
コンビニ、ドラッグストア、イオンスーパーのお店(イオンタウンや百貨店等)、各種専門店、飲食店、高速、空港など幅広い用途が挙げられます。

買い物で200円ごとに1ポイントが貯まる仕組みで、1ポイント=1円として交換できます。
ポイントは保持しているだけでは買い物に使えないため、WAONステーションやWAONチャージャーminiなどでWAONマネーに交換します。
さらに、ポイント交換は、WAONで買い物したポイントに限らず、他の提携先カードのポイントもWAONポイントに交換することができます。
つまり、クレジットカード(オリコポイント等)や都市銀行・証券(りそなクラブポイント等)、公共料金(カテエネポイント等)で貯まる別の名称のポイントをwaonのポイントに交換して使えるのです。

なるほど。waonはポイント利用や外部連携に優れたカードだったんだな。
1ポイント貯まるのに200円と少し高めに設定はされているものの、他の外部サービスで獲得したポイントをまとめられるから、用途に応じて外部ポイントをwaonに取り込むことができるから、現金化だけにこだわらなければ優秀な電子マネーといえるんだ。

waonに一度チャージすると返金できない!

waonに一度チャージすると返金できない!
waonは、電子マネーの特徴として、一度現金をチャージしてwaonマネー化してしまうと、それを再び現金に戻すことができません。
これは、いかなる理由があってもできないことが規則として決まっており、ステーションでチャージしたときに「間違えたから」という理由で返金をお願いしても「できない」や「無理」という対応がされます。

実際、waon公式のQ&Aでも同じように返金(払い戻し)できない旨が明記されており、事前に確かめることを注意書きしています。

このように、waonの中身やポイントを現金として直接的に取り出す方法はありません
現金化をする場合に、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーでは、カードを返却して返金手続きをすることで中身を現金で取り出すことができますが、waonはそれができないということです。
したがって、先に述べたポイント交換で別のポイントをwaonマネー化して現金化するという方法も取れません。
これは重要なポイントであり、人によっては焦ってポイントをwaonに交換して現金化しようとしたが結局、現金化ができずに立ち往生してしまうことがあるのです。

さっき言ってたやつだな。一度チャージすると返金してもらえないんだ本当に。
SuicaやPASMOと比べるとどうしても返金処理の部分がデメリットに映ってしまうのは仕方がないな。そういう仕様で電子マネーが作られてしまっている。むしろ、返金可能な電子マネーというのは日本全体では少ないんだ。だから、決して珍しいことではないな。

現金化の抜け道が存在する

原則としてwaonは現金化ができず、やろうとしても難しいのが現状ですが、手段や方法にこだわることなく実際に現金化をしようとすれば、できない訳ではありません。

それが「返品」による現金化です。

お店で商品を購入するとそれを電子マネーで支払うことができます。
それをあえて現金ではなくwaonで購入して、商品をそのお店で返品するのです。
これにより、ポイントから直接手元に現金を入手することができます。

それから、「転売」や「アマゾンギフト券の購入」といった手段も存在します。
ただし、注意点もあるため、後の見出しでこれらを詳しく説明します。

waonの現金化3つの方法と注意点

waonの現金化3つの方法と注意点
waonの現金化には大きく分けて以下の3つの方法があります。

  1. 返品
  2. 転売
  3. アマゾンギフト券の購入

ここでは、それぞれの現金化の特徴や方法としてのメリット・デメリット、注意点などを取り上げます。

俺が知りたかったwaonの現金化の方法は3つもあるんだな。さっそく教えてくれ。
今回取り上げたのは、多く見積もっても3つの方法しかないというのが正しいんだ。実は、「返品」、「転売」、「アマゾンギフト券の購入」のうち、人によっては「返品」や「転売」が難しい、「アマゾンギフト券の購入」にいたってはできない可能性も高いということに注意しなければならないんだ。
「返品」や「転売」は事情によっては、できないことがあるってのは「気が引けて」とかの理由で分かるが、「アマゾンギフト券の購入」ができない可能性って何があるんだ?
アマゾンギフト券は電子マネーでは購入できないという原則はよく知られていて、その抜け道でコンビニのミニストップを使うという方法が広く周知されている。しかし、コンビニごとの対応や担当する店員によっては、電子マネーとして認識されるように取り扱われて、購入できない可能性があるんだ。
確かに、現金化しようとして、せっかくチャージしたのに「購入できませんでした」では困るな。どうすればいいんだ?
よほどの事情がない限り、アマゾンギフト券の手段は取らずに残りの2つの方法「返品」か「転売」を使うことだ。「返品」は店員の対応次第ではあるが、まず失敗することはない。どちらかといえば、「転売」には現金化のリスクがいくつかあるから、返品が一番って事はまず覚えておいて欲しい。
わかった。じゃあ、リスクを含めて詳しく方法を教えてくれ。

返品による現金化で100%の換金率!手間がかかるのは難点

まずは、waonで購入した商品をコンビニや専門店で「返品」する現金化の方法です。

現金化で大切なことは、いかに換金率・還元率を下げずに、キャッシュとして手元に現金を引き出せるかです。
そのため、返品は100%の換金率で現金化できるメリットがあるため非常に優れた方法です。
しかし、返品ということは、クレジットカード現金化やギフト券現金化とは異なり、現物の商品を一度購入してそれを返品するという手間や値段の制約が生じます。

つまり、1度に500円程度の商品を購入して返品したとしても、1回で手に入るのは500円だけであり、それ以上の現金化は商品の値段を高くするか、回数を増やさなければならないのです。
ところが、コンビニや専門店でもそこまで高い商品が置かれていない場合に、繰り返し返品をしないと5万円10万円といった大きな金額を現金化することはできないでしょう。
そのため、コンビニなどの商品単価が低い場所で行う場合には、返品の現金化でタバコの大量買いを手段に現金化がされます。

それらに加えて、もう1つ注意点として挙げられるのは、店員やお店に多くの手間を生じさせるというデメリットです。
金額が低く、繰り返し同じ店で現金化のために返品をすれば怪しまれる上に、店員からは不信感と面倒さから怪訝に思われることもあるでしょう。
方法としては換金率などのメリットが大きいですが、実行する段階でデメリットも存在するということを忘れないようにしましょう。
最低でも1店舗で1回、返品してもおかしくない理由がでっち上げられる物品を購入して、店員の手間を省ければベストです。

返品のメリット・デメリット

メリット

  • 100%の換金率

デメリット

  • 自分にも店員にも手間がかかる
  • 一度で大きな金額を現金化し難い
  • 繰り返すと怪しまれる
返品が現金化に有効な理由がよく分かった。100%の換金率ってところが気にいったな。
ただし、デメリットもいくつかあるから、その点も踏まえて返品は使った方がいい。なじみのコンビニや店舗では顔を覚えられる可能性もあるから、利用する時は少し離れた店舗や別の地域だと安心だな。

転売による現金化は換金率が低い!

転売による現金化は換金率が低い!
次に、最もポピュラ-なwaonの現金化方法として、「転売」があります。
商品は一度、電子マネーで購入しておき、その買った商品を別の人にネット通販や個人ショップ、オークションなどで販売するという方法です。

主なメリットとして、返品のように店員の負担が少ないことや、繰り返し行っても誰にも不審に思われないという点です。
物品であればお店に直に買いに行かなくてもネット通販で買い入れを済ませることができます。
購入の手間と返品による不信感の両方を取り除ける方法でしょう。

しかし、デメリットもあって、返品では100%の換金率だったのが、転売では換金率に相当する割合が50~60%程度まで下がることです。
物や商品価値によっては、転売後に30%程度まで下落するケースや衛生用品や医薬品のように転売には向かない、オークションで出品が禁止されているなど、売るものを選んでしっかりと購入する必要があることでしょう。
それだけでなく、転売は「買い」→「自宅保管」→「売り」という転売人自身の手間が多く生じることです。
もし商品が売れても通販では返品やトラブルが生じる可能性もあるなど、必ずしも良いことばかりではありません。
オークションでは「返品不可」として商品を出品できますが、手数料や出品の手間があるなど、作業が大変な面があります。

ただし、時代の流行に乗った商品や売り切れ前に確保できた人気商品を確保できれば、100%を超える換金率も可能なのが最大のメリットです。
例えば、最近は禁止になったマスク転売は、転売ヤーが世界的に活動して大きく収入を得たことが知られており、供給が不足する、人気で売り切れるといった商品を見極めることができた時には、メリットがデメリットを大きく上回る方法なります。
もちろん、転売の先行き見極めやそのノウハウが現金化のためだけにリスクを負うのは厳しい面もあるため、基本的にはk南京率低めで見積もっておき、「高く売れればラッキー」くらいのスタンでいるのがベターでしょう。

転売のメリット・デメリット

メリット

  • 購入の手間と返品による不信感を同時に取り除ける
  • 商品によっては100%を超える換金率も可能

デメリット

  • 出品の手間や手数料がかかる
  • 換金率が50~60%下がる
  • 商品を現金化できず残るリスクがある
転売は換金率に換算すると、かなり低くなるのか。そうなると、繰り返し現金化はできるメリットはあるけど、少し悩んでしまうな。
その通り。転売は、繰り返し現金化するのには向いているが、換金率の低さや売れないとそもそも現金化できない(在庫が残る)リスクがあるんだ。返品は真理的に抵抗もある人がいるから、どちらがよいのか、現金化までの時間や手間、換金率などを総合的に判断する必要があるな。

アマゾンギフト券の購入で現金化

最後に、アマゾンギフト券を購入することでwaonを現金化する方法です。
waonは電子マネーのため、原則的には同じ電子マネーに分類されるアマゾンギフト券を購入することは通常できません。
アマゾンショップ公式サイトでも支払い方法の中でアマゾン券のメールタイプなどを購入しようとすれば、支払い方法から電子マネーの部分が非表示になり、クレジットカードでしか購入できません。

しかし、ミニストップでは稀にアマゾンギフト券をwaonで購入できることがあります。
3つの方法の中でも大きな穴を狙った方法であり、「必ず成功するとはいえない」など、不確定要素の大きな方法であるため、通常の現金化ではおすすめできません。
また、クレジットカード機能が付いている場合は、アマゾンの通販サイトでwaonを通したアマゾンギフト券をクレジット決済として購入することが可能です。
そのため、実質的にはwaonの電子マネーではありませんが、現金化を行うことは可能です。

waonを現金化するときの注意点

以上、waonを現金化する方法を3つ紹介しました。
現金化に使うときの注意点としては、上限金額が存在することです。
以前に作ったwaonを持っていた場合、上限2万円ですが、現在は5万円まで引き上げられており、設定を変更することで5万円までの上限チャージが可能です。
ただし、あくまでも上限は金額が5桁で変わらず5万円までであり、この点は電子マネーのチャージ上限が低いことの証左でしょう。
クレジットカードのように10万円や30万円を一度に現金化と言った方法は取れず、電子マネーの買い物が出来る範囲で少しずつ現金化をする必要があります。

上限が5万円だと、大きな買い物を一度にするのは難しくなるな。そう考えると、現金化したい目標金額によっては、waonって使えないんじゃ?
そうだな。チャージしすぎた人や小額の現金化を希望する人には問題ないけど、クレジットカード現金化のように何十万円も現金化したいときには使えないから、クレジットカードでそのまま現金化するか、waonでポイントを入手するためにあえてwaonカードでチャージして現金化するかをあらかじめ検討しておくべきだな。

もし、全体で50万円の現金化をする場合、5万円ずつ10回のチャージをしなければならず、結局のところ外部ポイントだけではチャージを補いきれないことから5万円までを目安とした現金化を考える必要があります。
多少の増減はしてもクレジットカードや別の方法で現金化を考える方が効率的なケースもあるのです。
クレジットカードを所持していて、連携したwaonチャージが可能な場合はその限りではありません。
オートチャージ設定などを駆使すればそういった手間がかかりません。
そして、ポイントの二重取りができるため、クレジットカードだけを使うよりも効率的でしょう。
しかし、クレジットカード現金化と比べれば手間が多く制限が目立つのもまた事実です。

ギフト券が購入できた場合の換金先と手順

ギフト券が購入できた場合の換金先と手順
現金化するための方法でギフト券を選んだ場合に、購入ができた場合の換金先について最後に取り上げます。
ギフト券を換金するためには、ギフト券買取・現金化業者にギフト券などを持ち込んで現金化してもらう流れが一般的です。
1万円のアマゾンギフト券(カードタイプ)をコンビニ等で購入した場合、まずはギフト買取店の中からカードタイプに対応している店舗を探します。
これは、Eメールのコードタイプしか換金できないネット店舗もあるため、「カードタイプを現金化しようとして断られる」という二度手間を防ぐ目的があります。
それから本人確認や情報入力で申し込みを行い、返信や連絡を通してギフト券現金化の手続きを進めます。
アマゾンギフト券の購入を選択した場合は、他のituneやWEBMONEYなどと比べても多くの買取店が存在するため、比較的簡単に見つけられるのです。
カードタイプには裏側のシールを削って、番号コードを取り出し、それを伝えます。
カードそのものを買取店に送る必要はありません。
そのため、自宅やスマホを使った外出先でのやり取りでも特に問題なく現金化できます。

ポイントの活用におすすめなwaonの現金化

クレジットカードに比べて現金化の方法に制約が多かったwaonの現金化。
しかし、ポイントとからめることで、現金化で得られる損益を高めることができたり、返品を使った手段で最大値である100%の換金率や転売による100%以上の換金率もまた実現できうるというメリットがあるのです。
現金化で電子マネーを利用している方やポイントを他のサービスで余らせている方、waonにチャージして払い戻しができず困っているという方は今回ご紹介したwaonの現金化で返品などを試してみましょう。