クレジットカード裏の署名はとても重要!その訳とは

クレジットカード裏 署名

最近新しいクレジットカードを作ったんだけど見てくれ。ピカピカだろ?テンション上がるよな♪
ふーん。ちゃんと裏面に名前書いたか?
書いてないよ、最近サインレスの事が多いし。それに、オレ字が汚いし…。せっかくのキレイなクレジットカードを汚したくないね。
おいおい。クレジットカード裏の署名はすごく大事なんだぞ!
ライター:こうじ

このふたりの会話のとおり、最近はクレジットカード利用でも、サインレスで決済ができるため、裏面の署名の意義が薄れつつあります。

しかし、サインレスでも裏の署名は、とても大事なものです!

この記事では、クレジットカード裏の署名の重要性について解説していきます。

クレジットカード裏に署名が必要な理由

何で、そんなに署名が大事なんだ?
裏面に。署名をきちんと書くことで、
はじめて【私のクレジットカードです】という証明になるからなんだ。
逆に言えば、署名がないクレジットカードは【誰のものでもないクレジットカード】ということになってしまう。

これは誰のクレジットカードか」と、はっきりさせることは、とても大切なことです。

なぜなら「これは自分のクレジットカードだ」ということが証明できない場合、クレジットカードのサービスを受ける権利がなくなるからです。

クレジットカード会社各社も、裏面の署名については公式サイトで下記のように述べています。

サインをしましょう。
カードが届いたら、まずはサインと必要情報のご確認を!
このご署名が、あなたご自身の証明となります。(必ずご自身で)
(セゾンカード)
・カードのご利用は、契約者ご本人のみ可能
・カード表面上に会員氏名が表示され、所定の署名欄に自署した会員のみが利用できます。
・クレジットカードの使用は、契約者様しか利用できません。
たとえ、ご家族の方でも貸すこと・渡すことはできません。

店頭でのご利用
・カードを利用するたびに、会員自身である証明としてサインを求められます。
・カード記入のサインと同じサインをしてください。
・ご本人のサインがないカードはご利用できません。
(楽天カード)

・クレジットカードのご利用前に必ず確認ください
・カードがお手元に届きましたら、ご利用前にカード表面にローマ字で刻印されているお客様のお名前と有効期限をご確認のうえ、カード裏面のご署名と書かれた横長の枠に、ご自身のサインをしてください。
(三菱UFJニコスカード)
Q.カード裏面のサイン欄には何を書けば良いのですか?
A.お客様の署名をご記入ください。
漢字・ひらがな・英字など書体につきまして決まりはございません。
盗難・紛失時に不正使用の被害にあった際、場合によっては、補償の対象となりませんので、カードをお受取りいただきましたら、すぐにご自身でサインをお願いいたします。
(セディナカード)
ご署名欄
・署名欄です。
・必ず会員様ご自身でご署名ください。
・漢字でもローマ字でも結構です。
ご署名がないカードサインの消えたカードは、ご利用いただけませんのでご注意ください。

・カードに表示された氏名をご確認のうえ、ペンまたはボールペンで、カード裏面の署名欄にご自身でご署名ください。
・ご署名のない場合、万一不正使用された時に損害額が補償されません。
(ファミマTカード)

上記で説明されているとおり、署名をすることではじめて、クレジットカードとクレジットカード会員が紐づけられるのです。

なるほど、なんとなくわかったよ。でもやっぱりオレ字が汚いから、代わりに署名書いてくれない?
ダメだ。上の公式サイト引用文を見てもわかる通り、どんなに汚くても、本人が書くことが重要なんだ。
テプラでもダメ?
往生際がわるいな。もちろんダメだ。

クレジットカード裏の署名をする際はどんなペンがいいの?

せっかく署名をしても、財布やポケットに入れているうちに、名前がスレて消えてしまっては、意味がありません。

じゃあ、マッキーみたいなマジックペンで書いた方がいいかな?
太すぎて解読不可能だろう…(呆)

クレジットカード会社では、下記の2つを推奨しています。

・ボールペン
・ペン
クレジットカード裏の署名をするペンの注意点
  • ボールペンは、線が細すぎてうまく書けないことが多いですし、消えやすいので、書く時に少々注意が必要です。
  • 最近のスタンダードになりつつある「消えるボールペン」。

    こちらは使用しない方が良さそうです。

  • ペンを使用する際は、水性ペンは避けてください。

結局、何を使用すべきか?というと、「名前書き油性ペン」として売っている、細い油性ペンがベスト。

こういったペンは、100円ショップにも売っています。

この先、数年間このクレジットカードにお世話になるわけですから、適切なペンでしっかり署名しておきたいですね。

クレジットカード裏の署名は英語、カタカナでもOK!

お店でクレジットカードを使ったとき、英語でサラサラっとサインをするのは憧れるよな
クレジットカード裏の署名は漢字でかかなければいけないとは決まっていない。アルファベットでも筆記体でもOKだ。せっかくだから英語で書いてみたらどうだ
漢字より間違えそうだからやめとくわ…

クレジットカード裏の署名は、自筆であれば下記4つのどれでも有効です。

・漢字
・ひらがな
・カタカナ
・アルファベット(筆記体でもOK)

クレジットカード裏の署名1
漢字で書いた例

クレジットカード裏の署名2
カタカナで書いた例

クレジットカード裏の署名3
アルファベットで書いた例

ただ注意が必要なのは、クレジットカード裏の署名と、同じものを伝票のサインにもしなくてはならないということ。

うかつに筆記体を書いてしまったけど、書くたびになんだか形が違う…これでは、本人利用の証明にはなりません。

また、筆記体も崩し過ぎて、下記のようになっている場合もNGです。

クレジットカード裏の署名4
崩し過ぎの例

このように「ほとんど線」になっている署名は、なぜダメなのでしょうか。
それは、「第三者も同じサインを書けてしまうから」です。

もし、あなたがクレジットカードを落として、第三者に拾われた場合…。
この署名では、カンタンにマネができてしまいますね。
自筆には、マネのできないクセがでているものです。
偽造のリスクを回避するには、できれば書き慣れた日本語表記が望ましいでしょう。

クレジットカード裏に署名をしていない場合どうなる?

もし、署名していないと、どんなデメリットがあるんだ?
大きくは、3つのリスクがある。紹介しよう。

クレジットカードに署名をしていなかった場合のデメリットを紹介します。

  1. リアル店舗での利用ができない
  2. 紛失した場合に不正利用される
  3. 不正利用されても、クレジットカード会社の補償対象外になる

1. リアル店舗での利用ができない

クレジットカードに署名をしていなくても、ネットショッピングは問題なくできます。

しかし、リアルな店舗では利用を断られてしまいます。

スーパーのレジなどで、このような張り紙を見たことはないでしょうか。

ご利用できるクレジットカードは、裏面にご自身の署名があるものに限ります

現金がないときに、クレジットカードが利用できないなんて、ドキッとしてしまいますが、もしうっかり署名を忘れていても、その場でサインをすれば、問題なく使用できますよ。

2. 紛失した場合に不正利用される

先ほどお伝えした、
店舗利用の際に、その場でサインをすれば問題なく使用できる

これが、もし拾った・盗難したクレジットカードだったら、どうでしょうか。

第三者が、あなたのクレジットカードを拾って、自分の署名をしてしまえば、不正利用できてしまうことになります。

こういった犯罪を予防するためにも、自筆による署名が必要なのですね。

3. 不正利用されても、クレジットカード会社の補償対象外になる

2番のような不正利用をされたとしても、もとから自筆による署名があれば、クレジットカード会社の補償がききますので、あなたのお金を奪われることはありません。

ですが、署名がなければ、補償の対象外です。

もし、高額な使い込みをされたら…と思うとゾっとしますね。

うん。やっぱ署名することにしたよ。
…。やっとわかったか。

クレジットカード会計時の伝票にサインが必要なときっていつ?

最近はICチップが入ったクレジットカードが主流になり、「ICカード対応端末機設置加盟店」に加入している店舗も増えたので、実際にサインをする機会は減っています。

サインレス決済は、「ICカード対応端末機設置加盟店」で、下記の条件に当てはまると可能になります。

・少額決済の場合
(スーパーなら3万円、コンビニなら、1万円が上限のところが多いです。
「サークルK」と「サンクス」は、5千円が上限です)
・支払い回数は、1回払いのみに対応

複数回払いや高額利用の場合は、サインレスにはならないようですね。

何かあってからでは遅い!手持ちのクレジットカードの裏面にいますぐ署名をしよう

クレジットカード裏面の署名について、解説してきましたが、署名が案外重要なものなのだと、おわかりいただけたと思います。

財布に入ってるクレジットカードだけじゃなくて、家に放置してあって、使っていないクレジットカードも、名前書かなきゃダメ?
もちろんだ。あと、忘れがちなのがETCカード。ETCカードも、れっきとしたクレジットカードだから、忘れずに署名をしよう!

この記事を読み終わったら、手持ちのクレジットカードの裏面を確認してみましょう。

そして家族や友人にも、署名の大切さを教えてあげましょう。

クレジットカード裏面の署名は、あなたのお金を守ってくれますよ。