未成年はamazonギフト券を現金化できない?理由や換金する裏技を大紹介!

amazonギフト券現金化 未成年

ライター:ひかる

2018年の民法改正で成人年齢が20歳から18歳へ引き下げられ、2022年4月1日の施行後は18歳から各自の判断でさまざまな法律行為を行えるようになります。

法律行為は契約締結や訴訟などを指し契約にはamazonギフト券を現金に置き換える際の売買契約も含まれます。

これは逆説的に「未成年はamazonギフト券を現金化できない」ことを意味するので、未成年がamazonギフト券を現金化できない理由や換金する裏技を判りやすく解説します。

自己判断で法律行為を行えない未成年はamazonギフト券を売却して換金できない!

自己判断で法律行為を行えない未成年はamazonギフト券を売却して換金できない!
2015年の公職選挙法改正で選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられ2016年6月に施行されたのに伴い、民法改正で成人年齢も18歳へ引き下げられました。

2022年4月からは18歳から自己判断でさまざまな法律行為を行えるようになり、法律行為にはamazonギフト券を現金に置き換える際の売買契約も含まれます。

そういえば最近は18歳から投票権があるらしいな。前は20歳からで「投票権は大人の証」って感じだったのに2年も前倒しになったんだ。
そうそう、2016年6月からの投票権と共に2022年4月からは、18歳で成人することになったんだよな。高校3年生のなかに未成年と成人が混在することになるんだぞ。
そうか、18歳って通常ならまだ高校生なんだよな。高校生が投票して成人になるのって若干違和感を感じるんだけどなぁ。これってグローバル・スタンダードってやつなの?
そうだな、欧米諸国じゃ成人年齢を18歳にしてる国が多いから、18歳で成人するのは国際標準だと言えるな。
ところで、未成年と成人の違いって何なの?俺のイメージだと成人すると飲酒・喫煙できるのと選挙権を得られるくらいしか違いがないような気がする。
それ以外にも少年法を含めた刑法・労働基準法・風営法・民事訴訟法なんかの適用が大きく変わるし、民法の適用範囲も大きくなって自己判断で契約を結べるようになるんだ。

未成年は自己判断で契約を結べない!親権者や後見人などの法定代理人の同意が必要

経験や知識、判断能力が未熟であるという観点から未成年者は成人より責任能力が低いと位置付けられていて、自己判断で法律行為を行えないのが実状です。

このため未成年者は親権者や後見人などの法定代理人の同意なしでは、法律行為となる契約を結ぶことができません。

同意を得ずに未成年者と締結した契約は法定代理人が取り消すことができるので、契約希望者が未成年者の場合は法定代理人が署名・捺印した同意書の提出が求められます。

法律行為となる契約として

  • 不動産賃貸契約
  • クレジットカードやローンの利用契約
  • 携帯電話利用契約

などが挙げられますが、amazonギフト券を換金する売却契約も該当します。

amazonギフト券を換金する買取業者の位置付けは古物商となる

購入で所有権がメーカーや販売店から消費者に移動した商品は未使用のものでも、古物営業法第2条で定める古物になり公安委員会から許可を得た古物商しか取り扱えません。

amazonギフト券などの金券類も購入後は古物になるので、換金の際は古物商の許可を得た買取業者を利用する必要があります。

古物商の許可を得た業者には、「取得免許古物商許可証 第000000号 ○○公安委員会」という許可番号が交付され店頭やサイト内での許可番号の開示が義務付けられています。

無許可の業者がamazonギフト券の買取りを行うと「古物業法違反」となり、業者は刑事処分の対象になりますが利用者に対する罰則は存在しません。

しかし無許可でamazonギフト券を買取り換金する業者は悪徳業者の可能性があるので、利用しないのが得策と捉えるべきでしょう。

古物営業法では盗品売買防止のため買取り時に利用者の本人確認が義務付けられているので、未成年者は法定代理人の同意なしでamazonギフト券を売却して換金できません。

未成年が法定代理人の同意なしでamazonギフト券を売却して換金できない理由とは?

未成年が法定代理人の同意なしでamazonギフト券を売却して換金できない理由とは?
責任能力が低い未成年者は法定代理人の同意なしで法律行為を行えないので、自己判断で法律行為に該当するamazonギフト券の売却契約も結べません。

これはそもそも未成年者が法律行為を行えないことも関係しますが、amazonギフト券を換金する買取業者が古物商に位置付けられることも影響しています。

なるほど、飲酒や喫煙以外にも未成年だと法律行為も規制されてるんだ。確かに未成年の頃、携帯電話の利用契約するのに親に同意書書いてもらった記憶があるな。
そうそう、最初のアパート契約も親の同意書が必要で、「独り暮らししててもまだ自立できてないんだ」って俺も思い知らされたもんなぁ。
ということは2022年4月からは各種契約を含めた法律行為を18歳になれば自己判断で行えるようになるのか。高校生が自分で携帯契約できるようになるんだな。
そう、買取業者にamazonギフト券を売却して換金することも、できるようになるってことだな。
それは朗報だと言えるな。しかし法律行為ができないからと言っても自分のamazonギフト券なのに未成年だからって理由で売却できないってのは、どうも腑に落ちないよな。
特に古物取引は未成年の利用ハードルが高い法律行為だからな。未成年が法定代理人の同意なしでamazonギフト券を売却して換金できない理由を見てみよう。

古物取引の利用ハードルが高い!未成年がamazonギフト券を換金できない理由とは

古物商が古物業法の規制を受けることは既述のとおりですが、実は古物業法には未成年者からの買取を規制する条文が存在しません。

未成年者が買取業者でamazonギフト券を換金できないのは、各都道府県が定める青少年保護育成条例で未成年からの古物買取りが禁止されているのが主な理由だと言えます。

また法定代理人の同意なしで未成年者と結んだ契約は、法定代理人が取り消すことができるのも大きく影響していると言えます。

古物業法では盗品売買防止で利用者の本人確認を義務付けていますが、未成年者の利用規制はないので未成年者がamazonギフト券を換金できない直接的な理由ではありません。

しかし本人確認で未成年者であることが確認されると、各都道府県が定める青少年保護育成条例の「未成年からの古物買取り規制」が効力を発生します。

このため

  • 本人確認を義務付ける古物業法
  • 青少年保護育成条例

の複合効果で、利用ハードルが上がり未成年者が買取業者でamazonギフト券を換金できない結果に繋がります。

未成年者が勝手に持ち出した親のamazonギフト券を買取ると法定代理人の同意なしで未成年者と結んだ契約として法定代理人が契約を取り消せるので同意書が求められます。

このような背景で未成年が買取り業者にamazonギフト券を売却するのはハードルが高く、未成年者はamazonギフト券を換金できないと言われています。

オンライン取引でamazonギフト券を買取る業者でも未成年者は換金できない?

amazonギフト券の買取りサービスの多くはオンラインの非対面取引で提供されていて、「非対面だから未成年でも利用できるのでは?」と捉えられがちです。

しかしオンライン取引の買取りサービスの利用には会員登録が必要で、会員登録時に本人確認書類の提出が求められるので、やはり未成年では取引できません。

他人の本人確認書類を利用して会員登録すると私文書偽造偽造有印私文書行使となり、これらは刑事告訴される可能性がある犯罪なので絶対禁止の行為です。

未成年でもお金は必要!未成年者がamazonギフト券を換金する裏技とは?

未成年でもお金は必要!未成年者がamazonギフト券を換金する裏技とは?
現在はさまざまな支払い方法が存在しますが、消費活動の最終決済に絶対必要になるのが現金であることに変わりはありません。

年齢を問わず誰もがお金を必要としているのは紛れもない事実で、未成年にもamazonギフト券を利用して効率的に現金を調達したいタイミングが訪れます。

へぇ、やっぱり成人と未成年じゃ、自己判断できることが全然違うんだなぁ。未成年の頃に謳歌してた自由ってのは法定代理人の庇護の下で与えられていたものっだったんだな。
自由っていうのは難しいもんだからな。未成年の頃には義務を気にしなくても、成人すると権利と義務が表裏一体なのを痛感させられるもんな。
あー、確かに。昔は「早く成人して自由になりたい!」って思ってたけど、最近は「未成年の頃に戻りたい!」って思うもんなぁ。人間って本当にないものねだりだよな。
ハハハッ、確かに特にキミはその傾向が強いからな。しかし未成年でも「お金が必要!」ってタイミングがあるだろうから業者でamazonギフト券を換金できないのは辛いよな。
そのamazonギフト券の換金なんだけど、本当に未成年だとamazonギフト券の換金は不可能なのか?いつもだと大体最後の方に「ウラワザァ!」って何かでてくるじゃん。
「ウラワザァ!」って未来から来た猫型ロボットかよ!まぁ、確かに未成年でもamazonギフト券を換金する方法はあるにはあるから見ていこうか。「ウラワザァ!」

未成年でも4種類の方法でamazonギフト券を換金することができる

未成年でも4種類の方法でamazonギフト券を換金することができる
amazonギフト券を売却して、効率的に必要になった現金を手に入れるのに魅力を感じるのは、成人も未成年も同じです。

amazonギフト券の買取は古物取引になり、未成年者は古物商の利用ハードルが高いのも事実です。

しかし次に挙げる4種類の方法であれば、持っているamazonギフト券を換金して現金を手に入れるのが不可能ではありません。

amazonギフト券が換金できる4種類の方法
  • 家族や友人・知人に売却して換金する
  • オークションサイトを利用して換金する
  • 法定代理人の同意を得て換金する
  • 法定代理人に換金を代行してもらう

家族や友人・知人に売却して換金する方法とは

古物商である買取り業者にamazonギフト券を売却するのには本人確認が必要で、未成年だと代理人の同意も必要になりますが個人間なら問題なく取引できます。

家族や友人・知人にamazonギフト券を売却して換金すれば、業者手数料も発生しないので高い換金効率での換金も期待できるのでおすすめです。

しかしこの方法はamazonギフト券を必要としている人が身近に存在するタイミングでなければ利用し難いという弱点があるのが問題だと言えます。

オークションサイトを利用して換金する方法とは

amazonギフト券自体やamazonギフト券で購入した商品を、オークションサイトに出品し売却してamazonギフト券を換金する方法です。

プレミアム価格で取引される人気商品を利用できれば購入額以上の金額に換金することも期待できますし、業者手数料より安い手数料で換金できるのも魅力です。

金券を出品できるオークションサイトは限定的ですが、Yahoo!オークションなどでamazonギフト券が活発に取引されています。

  • 希望額で売れないケース
  • 個人取引なので代金未回収

などのリスクが潜んでいることを踏まえた上で利用すれば未成年でもamazonギフト券を換金できます。

法定代理人の同意を得て換金する方法とは

法定代理人である親などの同意をえられれば、古物商の買取業者を利用してamazonギフト券を換金できます。

法定代理人を説得する必要がありますが、有効期限が近い場合や購入したいものがAmazonで取扱われていないなどの理由を説明すれば説得できる可能性が高まります。

法定代理人に換金を代行してもらう方法とは

法定代理人の同意を得て換金する方法の発展形ですが、買取業者との取引を親などの法定代理人に代行してもらうのも効果的な換金方法です。

法定代理人の成人に代行してもらって買取業者で換金することも可能ですが、金銭トラブルに繋がる可能性もあるので法定代理人に依頼することをおすすめします。

この場合、換金した代金の振込口座が未成年のものだと換金できないケースもあるので、換金を代行してもらう法定代理人名義の口座を振込口座にしたほうが確実です。

法定代理人名義の口座に振り込まれた代金を受け取れば、代行を依頼したamazonギフト券の換金が完了します。

方法を選べば未成年でもamazonギフト券の換金は可能!情報収集は重要

方法を選べば未成年でもamazonギフト券の換金は可能!情報収集は重要
未成年は法定代理人の同意なしで古物取引はできないので、一般的に「未成年はamazonギフト券を換金できない」と言われていますが方法を選べば不可能ではありません

amazonギフト券などのデジタル金券を取り巻く環境は現在進行形で変化し続けているので、お得な購入方法・活用法・売却方法は定期的にチェックするのがおすすめです。

現金化業者情報サイト「俺LOVE現金化」はamazonギフト券をはじめとする、あらゆる金券類のお得な購入方法・活用法・売却方法を調査して公開しています。

amazonギフト券を上手にフル活用するためのヒントは「俺LOVE現金化」の公開情報のなかにありますので、ぜひ俺LOVE現金化をフル活用してくださいね!