GooglePlayギフトカードの現金化は買取専門サイトで!

現金化 GooglePlay

ライター:ひであき

急な冠婚葬祭や、現金しか使えないところへ行くといった時に、いざ手持ちの現金が無い場合、誰かに借りたり、カードローン会社で借金をして、無駄な金利を払わされていてはたまったものじゃありません。

でもそんな時に、もし、GooglePlayギフトカードを持っていたら、それをどうにか現金化できれば、無駄なお金を使わずに済みます。

ストアのアカウントに登録前ならばGooglePlayギフトカードの現金化は可能ですが、1度登録したものは、残高を現金化するのが難しくなります。
でもどうにか登録済みのGooglePlayの残高を現金化できれば、嬉しいですよね。

ではGooglePlayの現金化について、詳しく解説してきます。

この前友人の結婚式に行った時に、景品でGooglePlayギフトカードを貰ったんだけど、正直おれ、あまりこういうの使わないんだよな・・・
ゲームとかアプリの課金や、音楽なんかも買えちゃうのに使わないのか?
ああ。あまりスマホでいろんなことをするタイプじゃないんだよ。
それなら好きな服とか美味しいモノを食べたいって思っちゃうんだよ
そうか。
だったら現金化すればいいじゃないか。
現金化?
そんな事出来るのか??
できるよ!
GooglePlayギフトカードなら買い取ってくれる業者も多いから、数時間後には現金化できちゃうぞ!
本当か?
ならさっそく教えてくれよその方法を!
わかったよ。
じゃあその方法と注意点を教えてやるからよく聞けよ。

このページで解る事

GooglePlayギフトカード買取業者Ranking

GooglePlayギフトカード買取業者Ranking

ランキング買取サイト備考
NO,1買取レオン大阪のPRISMWORLDという合同会社が運営している買取レオンは、買取キッドの姉妹店で、その業界の繋がりからも、安定したノウハウでしっかりと運営されています。

24時間対応しており、買取レートも業界トップクラス
また、初回はさらに換金率が高く、振込手数料も指定金融機関なら無料です。

NO,2買取タイガー買取タイガーを運営するのは、業界大手の「お魚通販.com」です。
買取率の水準も非常に高く、振込までの時間も非常に短く、人気があります。

LINEからの申し込みなら、さらに特別レートを用意するなど、随時キャンペーンなども行っているため、利用をお考えの際は一度HPを覗いてみましょう。

NO,3買取デラックス買取デラックスも「お魚通販.com」が運営する買取専門サイトで、こちらも24時間365日ギフト券買取を行っております。
換金率もこれまでの業者と引けを取らず、振込までの時間も最短30分とこちらもトップクラスの早さです。

また、買取デラックスでは、1,000円~という少額買取も行っているため、低い金額で悩んでいる方はぜひご利用くださいませ。

NO,4買取キッド買取キッドは、利用者が利用しやすいように、365日24時間体制で買取対応を行っており、また、振込までの時間も非常に早く、LINEやHPから気軽に買取申し込みができるため、どこからでも手続きが出来ちゃう大変便利な買取業者です。

実績も十分で、オペレーターも業界に精通しているスタッフが対応しているため、大変安心できます。

NO,5買取マンボウ買取マンボウは、「お魚通販.com」が運営する買取専門業者で、24時間365日対応しています。
換金率も非常に高く、業界トップと引けを取りません。

取扱券種も非常に多岐にわたりますので、他で買い取ってもらえなかったというギフト券でも買い取ってもらえる可能性は高く、非常にユーザーフレンドリーな買取専門サイトです。

NO,6買取ヤイバ買取ヤイバは業界内でも高水準の買取率を誇り、有名ギフト券から、少しマイナーなギフト券まで、満足のいく買取を提案してくれます。
取扱券種も14種類ととても多く、大変ありがたい買取専門サイトです。

申し込み方法によって、様々なキャンペーンも行っているため、特別レートを上手に利用しながら買取依頼をするとより満足な買取率が実現しそうです。

NO,7買取ボブ電子ギフト券の買い取り業務の先駆者的なサイトで、お魚通販,comの中でも、一番古いサイトなので、多くの常連ユーザーを掴んでいる信頼できるサイトです。

買取レートも高水準で、振込手数料も一切かからないため、安全性を重視する初めての利用者なんかには打って付けのサイトでしょう。

NO,8買取バイカ買取バイカはとにかくシステムがシンプルで、現金化経験があまりない人は、非常に利用しやすいサイトです。

振込手数料も買取バイカがすべて負担するため、余計なコストをかけることなく、安全に現金化ができる優良サイトです。

NO,9ギフトグレースギフトグレースでは、amazonギフト券をはじめ、さまざまなギフト券に対応しており、買取率も業界トップクラスの水準を常にキープしています。

利用者に応じて、さまざまなコースが用意されており、買取率重視のコース、振込速度が速いコースと、ユーザーのニーズに合わせた買取を行っているので、自分に合った買取プランがきっと見つかるでしょう。

NO,10買取本舗買取本舗は24時間営業で、振込までも大変早く、急ぎの方には特におすすめのサイトです。
また、買取本舗では、プレミアムメンバー制度があり、利用すればするほど換金率がどんどんアップしていきます。

さらに買取本舗は、買取率や振込までの時間などを相談できます。そのため、あなたに合ったギフト券買取を実現できるでしょう。

GooglePlayギフトカード買取に強いサイトを紹介

GooglePlayギフトカード買取に強いサイトを紹介
それでは今回GooglePlayギフトカードを現金化する際に当サイトがおすすめする優良買取サイトを詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

買取レオン

電子ギフト券を現金化させるのにおすすめな買取専門サイトが「買取レオン」です。
こちらも、大阪に拠点を置く「合同会社PRISMWORLD」という会社が運営しており、「買取キッド」と姉妹店になります。

「買取レオン」の最大のセールスポイントは何と言っても高い買取率です。
業界NO,1の買取率を自負していますので、買取率には相当な自信がうかがえます。

GooglePlayギフトカードの買取率は初回が85%、2回目以降が83%と、業界最高クラスの買取率です。

券種も、GooglePlayギフトカードをはじめ、amazonギフト券はもちろん、iTunesカード、さらには任天堂カードなども取り扱っており、14種類もの券種に対応しています。

どの買取業者もだいたい初回の買取率は高い水準で設定されていますが、2回目以降は結構下がってしまう業者も少なくありません。

ですが、買取レオンは、業界NO,1の買取率を自負しているだけあって、2回目以降の換金率も高水準をキープしており、2回目以降も積極的に利用したいというユーザーの声が多く届いています。

なので、一度利用したユーザーが、リピートする事が多いのも買取レオンの特徴です。
利用方法もとってもシンプルで、

  1. 申し込み
  2. リターンメール
  3. 振り込まれる

これで買取完了です。

申し込みには、自分の情報と、売りたいギフトコードや券種を入力し、初回の場合は金融機関の情報と、身分証明書の提出を行います。

これらは2回目以降からは手続きする必要はありませんので、初回だけは少し入力する事が多いですが、それでもそこまで難しくはありません。
2回目以降は、だいたい15分ほどで振り込まれるのもユーザーから喜ばれています。

こちらのサイトももちろん、大阪の公安委員会より、古物商許可もしっかりと取得していますので、安心してご利用いただけます。
犯罪集団や反社組織といった連中を排除するため、しっかりと警察のチェックが入っているのも安心して利用できる理由の一つです。

そのため、初回の登録時は、必ず身分証明書を提出する事を徹底しています。
これまでトラブルの報告が上がっていないのも、それだけ徹底しているからでしょう。

はじめて電子ギフト券を現金化する事をお考えなら、安心して利用できる買取レオンもオススメです。

買取タイガー

GooglePlayギフトカードをはじめとする、電子ギフト券の現金化をする際に、まず候補として押さえておきたい買取専門サイトが「買取タイガー」です。

この買取専門サイトは、2022年1月8日に新しくオープンした、新進気鋭の買取専門サイトです。
新しいサイトなので「新しい買取業者って、どんなとこかもわかんないし、実績もないから利用して大丈夫?」という不安がよぎるかもしれませんが、その心配はありません。

「買取タイガー」は、この買取専門業界において、非常に実績を積んだ老舗業者が運営しているサイトで、「お魚通販.com」という会社が運営しています。

お魚通販.comは、老舗サイトである買取ボブや、この業界でも高い支持を獲ている買取マンボウに、買取デラックスといった、十分実績を積んだ系列店舗を多数運営しているため、逆にそれらのノウハウを生かした運営スタイルなので、信頼度は抜群です。

買取タイガーは、お魚通販.comの他の系列店舗の弱点を克服し、この業界でNO,1を目指している買取サイトなので、ユーザーのニーズを、可能な限り実現している最も優れたサイトのひとつでしょう。

買取タイガーは、GooglePlayギフトカードの初回買取率が85%で、2回目以降の買取率は83%となっております。
また、最短振り込み時間が5分と大変優れた買い取り実績を誇ります。

電子ギフト券は9種類の券種を扱っているため、GooglePlayギフトカード以外の券種と合わせて現金化する事も可能です。

さらに、LINEでの申し込みを行ったユーザーには特別レートが用意されていたり、登録者限定クーポンなども発行していますので、よりお得に現金化を行う事ができます。

営業時間も24時間営業で、振込手数料もかかりませんので、かなりユーザーフレンドリな買取専門サイトだと言えるでしょう。
サイトの操作方法も、大変使いやすいと評判で、初めて利用する人でもわかりやすいという声がたくさん見受けられます。

買取タイガーは、同系列のサイトよりも、さらに早く振り込む事を売りにしていますので、買取デラックスが1時間以内に振り込むと言っていれば、買取タイガーは30分以内に振り込むというくらい、スピード感に重きを置いています。

少しでも早く現金化を行いたいという方には特におすすめです。

ただ、GooglePlayギフトカードをはじめ、ギフト券の相場は刻々と変化します。
より高値で引き取ってほしいと思う場合は、ギリギリで現金化の申し込みをせずに、少し時間に余裕を持っておくとよりお得に現金化をする事が出来るでしょう。

買取デラックス

次にご紹介する買取サイトは「買取デラックス」です。
この買取専門サイトは、お魚通販.comが運営しているサイトで、「買取タイガー」や「買取マンボウ」と同系列の買取専門サイトになります。

GooglePlayギフトカードを現金買取依頼するうえで、一番重要なのは「買取率」と「振込までの時間」です。
これらはやはりお魚通販.comが運営しているだけあって、業界トップクラスの高水準をマークしており、GooglePlayギフトカードの買取率も初回が85%で、2回目以降は80%を誇ります。

所要時間は最短の振込時間で30分。
平均しても120分で振り込まれるため、数あるサイトの中ではかなり優秀な数字でしょう。

また、買取デラックスは振込手数料もかからないため、どの金融機関を登録しても無料なのは利用者にとって、かなりありがたいのではないでしょうか。

さらに注目すべきポイントは、買取デラックスでは1,000円~の買取に応じている点です。
通常ですと、3,000円~や、5,000円~といったサイトが多い中、買取デラックスでは低額の1,000円から買い取ってもらえるのも、かなりユーザーフレンドリーと言えるでしょう。

また、営業時間も24時間365日ですので、いつでも申し込むことが可能なのもうれしいですね。
質問などもメール、またはチャットで問い合わせることが出来るため、疑問点などがある場合は気軽に問い合わせをして確認してみましょう。

買取キッド

続いてご紹介する買取専門サイトは「買取キッド」です。
こちらのサイトを運営する会社は、大阪に拠点を置く「合同会社PRISMWORLD」で、買取レオンと同系列のサイトになります。

その為、当然安全面でも安心でき、大阪の公安委員会にて、古物商許可証を得ているので、初めてのユーザーでも安心して買取依頼をする事が出来ます。

買取キッドは、GooglePlayギフトカードはもちろん、amazonギフト券やiTunesカードなどにも力を入れており、GooglePlayギフトカードの初回買取率は85%を誇ります。
また、2回目以降も78%と、決して低い買取率ではなく、業界ではトップクラスの買取率をマークしています。

買取キッドも、買取レオンと同様に、振込までの時間が非常に早く、平均で15分というスピードを実現しています。
365日、24時間営業していますので、夜中もしっかりと対応してくれます。

買取の申し込みも、基本的には買取レオンと同じ流れで、

  1. 申し込み(初回は身分証明書提出)
  2. 確認メール
  3. 振込完了

この流れで電子ギフト券の現金化が可能です。

なお、振込手数料なのですが、

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 楽天銀行
  • auじぶん銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

上記の銀行口座に対しては手数料が無料で、

  • ゆうちょ銀行 100円
  • それ以外の金融機関 135円

となっております。

手数料が掛かってくるのが若干のネックポイントとなっているため、あなたがもし手数料無料の銀行口座を開設済みの場合は、積極的に利用してみましょう。

買取マンボウ

続いてご紹介する買取専門サイトは「買取マンボウ」です。
こちらのサイトも実はお魚通販.comで、買取タイガーと同じ系列になるため、安心して利用できるでしょう。

買取マンボウでのGooglePlayギフトカード買取率は初回が85%で2回目以降も80%と高水準なので、十分利用できるでしょう。

買取マンボウは、HP以外にも公式Twitterアカウントがあるので、リアルタイムの情報を受け取る事が出来るのも利用者にとってはありがたいです。
また、公式サイトでは、利用者へ説明動画も用意されているため、初めて現金化を試みる人にとっても優しいですね。

そして、買取マンボウでは特別レートというのが用意されており、

  • 5,000円
  • 10,000円
  • 15,000円
  • 20,000円
  • 30,000円
  • 40,000円
  • 50,000円
  • 60,000円
  • 70,000円
  • 80,000円
  • 90,000円
  • 100,000円

これらの指定金額で依頼をすると、プレミアムレートが適用されます。
さらに、買取マンボウが行っているクーポンキャンペーンなどを合わせて利用すると、さらに高い買取率が期待できるでしょう。

買取マンボウに申し込むにはWEB申し込みが推奨されています。

  • ギフト券番号と額面金額
  • 額面合計
  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 振込口座情報

これらを記入して、問題が無ければ買取手続きに移行します。
買取手続きが終われば後は指定口座に入金されるのを待つだけです。

WEB申し込みは24時間できるけど、結局手続きは翌日という場合が多いですが、買取マンボウは正真正銘24時間の利用が可能です。
夜中でもしっかりと手続きは進むので、どんな時間帯でも安心して利用していただけます。

お魚通販.com系列のサイトはどこも同じという事も聞かれますが、確かにシステムは似ている部分はあります。
ですが、買取レートや振込までの時間、券種によっての買取状況などは各サイトごとに異なり、また、キャンペーンなどもそれぞれが独自で行っているため、内容も時期も異なります。

これらの系列サイトはあくまで親会社お魚通販.comで同じというだけで、完全に別組織ですので、現金買取サイトを利用する際はしっかりとそれぞれのサイトを確認することをお勧めします。

買取ヤイバ

次は「買取ヤイバ」をご紹介します。
買取ヤイバでのGooglePlayギフトカードの買取率は、初回が85%で2回目以降は78%とこちらも高水準を付けています。

買取券種もGooglePlayギフトカードをはじめ、実に14種類ものギフト券に対応しているため、利用者も非常に多いです。

買取ヤイバは「買取キッド」や「買取レオン」と同系列で、大阪に拠点を置く合同会社PRISMWORLDが運営しているサイトなので、大阪の公安委員会による古物商許可証を得てますので、安心して利用することが出来ます。

買取ヤイバはLINEでの申し込みを行うと、なんと買取率が0.5%アップするというキャンペーンもおこなっているため、ぜひ利用する際はLINE申し込みをしてみましょう。

こちらのサイトも振込手数料についても少し指定があり、

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 楽天銀行
  • auじぶん銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

上記の金融機関については振込手数料が掛からないのですが、ゆうちょの場合は100円、PayPay銀行は160円、みずほ銀行をはじめその他の銀行、信用金庫やJAなどは180円の手数料が発生するため、この点においてはご注意ください。

営業時間は24時間365日稼働していますので、いつでもお申込みいただけます。
振込対応も24時間以内に即日中に行われますので安心してください。

なお、お盆やお正月、ゴールデンウィークも通常通り営業しており、お金が必要なシーズンにしっかりと営業しているのは大変ありがたいですね

買取ボブ

次にご紹介するのは、知っている人も多いこの「買取ボブ」というサイトをご紹介します。

買取ボブのGooglePlayギフトカード買取率は、初回が83%で2回目以降が68%と、他の買取サイトよりも2回目以降の買取率が少し低いですが、それでも全体でみるとかなり高水準の数字をマークしております。

ですがリピーターが多いのが買取ボブの特徴です。
その理由は、この業界に古くから存在し、長く営業されている老舗サイトだからです。

これまで何回も登場しているお魚通販.comが親会社であり、そのお魚通販.comの第一号サイトでもあるため、古くからの愛用者がたくさんいます。
それだけ揺るがない信頼があり、安心度はナンバーワンと言っても過言ではありません。

入れ替わりの多いこの買取専門業界で、これだけ長きに渡って存続してきたのにはやはり理由があり、周りが利用者の信用を失っている中、買取ボブは信用を失わないよう、誠実に運営をしていたからこそ、これだけ続けることが出来たのでしょう。

そして、安心材料として、カスタマーサポートもしっかりとしていて、9時から19時までは電話での対応もしてもらえるので、その時間なら積極的に利用してみましょう。
それらの時間外でも、Q&Aや、チャット対応もしていますので、安心してご利用いただけます。

買取ボブでは、あらゆるプランが用意されており、買取額が高ければ高いほど換金率が上がり、また、振込時間にゆとりがあればあるほど換金率はアップします。
そのあたりも考慮して利用することをおすすめします。

買取バイカ

次にご紹介する買取専門サイトは「買取バイカ」ですが、こちらのサイトは主にamazonギフト券で、そのほかには今回取り上げているGooglePlayギフトカードとiTunesカードとなります。

買取バイカでのGooglePlayギフトカードの買取率は、初回が85%で、2回目以降が78%と、業界トップクラスです。

買取バイカの大きな特徴としては、とにかくシンプル。
操作性もややこしくなく、また、手続き方法なども事細かに詳細があるため、初めて利用する人でも使いやすいサイトです。

振込手数料も買取バイカが基本は負担するため、安心してご利用いただけます。
ギフト券の買取を依頼する際、買取バイカでは随時、クーポンなどを発行しているため、買取率をアップさせる事も可能です。

このようなサービスもぜひ積極的に利用していきましょう。
そして、即日振込を希望される方は、

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行

これらを利用すると、時間外でも振り込まれます。
しかし、これ以外の口座だと、基本は9時~15時までの営業時間となり、それ以降は翌日繰り越しになってしまいますので、急ぎの方は上記でお伝えした金融機関でお試しください。

ギフトグレース

続いてご紹介する買取専門サイトは「ギフトグレース」です。
ギフトグレースも、GooglePlayギフトカードの初回は88%で、2回目以降が82%と、GooglePlayギフトカードの買取率では、業界ナンバーワンと言ってもいいでしょう。
取扱券種も8種類にのぼります。

ギフトグレースは先ほどご紹介した買取バイカよりも取り扱い券種が豊富で、GooglePlayギフトカードはもちろん、amazonギフト券やiTunesカード、さらにはnanacoギフトカードや楽天ポイントギフトカードなども取り扱っているため、利用する際は、これらと一緒に現金化をする事が出来るのもユーザーにとってはうれしいポイントです。

また、ギフトグレースの本業は貿易業務で、その潤沢な資金力を基に、安定的な運営を可能にしています。
そのため、弱小買取サイトのように、セコイ事はせず、しっかりと顧客満足を第一に買取サービスを運営しています。

また、顧客満足度を高めるため、24時間フルサポートをモットーに、夜中でも会社にスタッフを在中させ、どんな時でも申請や質問に対する回答などを人間が対応します。
ただ、日曜0時~月曜朝8時までは会社がストップしますので、その点だけはご了承くださいませ。

そして、申請が完了し、振込が行われる際も、買取金額が1万円以上なら、どこの金融機関でも振込手数料は無料となります。
1万円以下の場合は、216円の手数料がかかりますのでご注意ください。

買取本舗

最後にご紹介するサイトは「買取本舗」です。
こちらは先ほどご紹介した「買取バイカ」の姉妹店になります。
この買取専門サイトの特徴は、リピートすればするほど買取率がアップするという点です。

これはプレミアムメンバー制度という独自のサービスを展開していて、このメンバーなら買取率がさらに高水準になります。
振込日やそれ以外の事も親身になって相談に応じてくれ、買取をサポートしてくれます。

こちらも注目しておいて損はない買取サイトですので、名前だけでも覚えておきましょう。

GooglePlayギフトカードとは?

GooglePlayギフトカードとは?

今回取り上げているGooglePlayギフトカードはそもそも一体どのようなギフトカードなのかについてまずは知っておく必要があります。

GooglePlayギフトカードは、先ほどもご紹介した通り、Google社が発行しているプリペイド式カードで、バリアブルタイプのカードも発行されており、大変使い勝手の良いギフトカードです。

こちらのGooglePlayギフトカードは、アプリや音楽、ゲームに映画や電子書籍といったコンテンツを購入することができ、さらには、LINEコインを購入したり、ゲームのガチャなどにも利用することが出来るため、大変多岐にわたる利用用途に対応している点からも、多くのユーザーから支持を得ています。

そして、ポイントは、Googleが展開しているギフトカードのため、Androidユーザーが利用できるのは当然ですが、Androidユーザー以外のでも、Googleアカウントさえ持っていれば、誰でも利用することが出来るのも大きなセールスポイントと言えるでしょう。

その為、Android携帯だろうと、iPhoneユーザーだろうと、誰でもGooglePlayギフトカードを利用して、コンテンツを楽しむことが出来ます。

こちらのGooglePlayギフトカードは、自身のGoogleアカウントから、GooglePlayにアクセスし、そこにGooglePlayギフトコードを取り込んで、GooglePlayにチャージします。

そのため、Googleアカウントにギフトコードを紐づけてしまうと、その時点で買取依頼や、売買などは出来なくなるため、もしも、現金化などを考える場合は、Googleアカウントにギフトコードを紐づけないよう注意しましょう。

GooglePlayギフトカードの現金化方法

GooglePlayギフトカードの現金化方法
GooglePlayギフトカードは、先ほどもお話しした通り、Googleが提供しているデジタルコンテンツサービスを利用する際に決済として用いることが出来るデジタルギフト券ですが、そうは言っても、そもそもGoogleのコンテンツを有料で利用しない人も少なくありません。

そんな人にとっては、特に必要なギフト券ではなく、それならば現金が手元にある方が、好きなものに使えるから現金に換えたいという人もたくさんいます。

他のギフト券と買い間違えた人や、何かの催し事でもらった景品だけど、使う予定が全く無いという場合は、やはり現金の方が使い勝手がいいでしょう。

そのような人は、どのようにしてGooglePlayギフトカードを現金化させようと考えるのかというと、

  • 街中にある金券ショップ
  • ネットオークションなどに出品
  • 買取専門サイトで現金化

だいたいはこの3つでしょう。

番外編として、Googleコンテンツを利用している知人に買ってもらうという手もあります。
このあたりは個人間のやり取りのため、今回は割愛します。

では、先ほどピックアップした手段を一つ一つ見ていきましょう。

GooglePlayギフトカードの現金化って、いろんな方法があるんだな。
あるにはあるけど、どこでやっても良いってわけじゃないんだ。
それを今から話していくからよく聞いておけよ

GooglePlayギフトカードを金券ショップで現金化

GooglePlayギフトカードを金券ショップで現金化

それではまずはじめに取り上げたいのが、街中にある金券ショップやリサイクルショップで現金化をするという事ですが、正直言って、これは現実的ではありません。

というのも、そもそもGooglePlayギフトカードを買い取っている金券ショップやリサイクルショップが少ないという事です。

ちなみに、買い取っているお店が無いかというと、稀に取り扱っている店舗もあるにはありますが、そういった店舗でも、買取率は70%前後と、そこまでの高値を期待できるような状況ではありません。

このような買取率の理由は、やはり実店舗という事で、店舗にかかる維持費、あるいはそこで働くスタッフの人件費など、ランニングコストがどうしてもかかってきます。
そうなるとどうしても買取率をネットの業者よりも低くしないと割が合わなくなってしまいます。

では、どうしてそもそも街中の金券ショップなどではGooglePlayギフトカードを取り扱わないのかというとその理由は主に二つあります。

  • カードタイプのみしか対応できない。
  • 使用済みか否かを判断できない

このような理由から、取り扱う店舗が現れません。

GooglePlayギフトカードは、コンビニやスーパー、家電量販店などの陳列棚に引っ掛けられているカードを購入するタイプと、ネットで申し込んで、ギフトコードを入手する2つのタイプに分かれておりますが、金券ショップやリサイクルショップは基本的に、ギフト券以外の商品も現物販売です。

よって、ギフトコードを販売する事が難しく、また、GooglePlayギフトカードを利用しているユーザー数は、ギフトコードをネットで購入するユーザーの方が多いため、それらの需要を獲得できないのがまず一点。

さらに、GooglePlayギフトカードは、裏面に銀色で隠された部分を擦って、そこに記されているギフトコードをGoogleアカウントに紐づけるという仕組みです。

その隠されている銀色の部分がもしも、細工されていて、削られた後に、もう一度コーティングされただけの使用済みカードだったとしたら、買い取った店舗側は当然大損をしてしまいます。

また、GooglePlayギフトカードは、コンビニなどのレジを通過してはじめてカードが有効化される仕組みとなっています。
よって、何らかの方法で入手した、まだレジを通っていないカードが売られる可能性もあり、そうなった場合も、店舗側は最悪の場合、犯人は捕まらずに、損をしてしまう事になります。

これらを未然に防ぐためには、それらを検査する専用の機械と、それらを扱う技術が必要で、果たしてこれだけの為に、そこまでのコストをかけるのかというと、掛けないのが本音でしょう。

よって、有効か無効かわからないような商品を、わざわざ仕入れるなんてことはせず、ハナから取り扱わないテンポが多いのはこういった背景があるからでしょう。

GooglePlayギフトカードをオークションサイトで現金化

GooglePlayギフトカードをオークションサイトで現金化

次にご紹介する現金化方法は、ネットオークションサイトなどで売買させる事です。
この方法は、ハイリスクハイリターンだと捉えておきましょう。

GooglePlayギフトカードの専門サイト買取率の平均は、だいたい70%~80%のあたりです。
ですが、ネットオークションだと、つり上がっていく場合も少なくなく、運が良ければ90%以上の落札なども可能です。

しかし、ここで考えなければいけないのが、落札者との取引でトラブルが発生する事です。
一番多いのは、自分は確かに未使用品のギフト券を販売していたとしても、その落札者が「無効だった」と言えば、それを証明できなければ最悪の場合訴訟を起こさなければいけません。

そうなると当然弁護士を雇っての話になるため、時間もコストもかなりかかってきてしまいます。
こうなると現金化処の話ではありません。

落札した相手が嘘を付くという事例はこれまでもGooglePlayギフトカードに限らず、あらゆるモノで発生しており、このような面倒に巻き込まれてしまう恐れがあるため、あまりお勧めは出来ません。

どうしても高いレートで取引したいというのであれば、ネットオークションを自己判断のもと行ってください。

お得にGooglePlayカードを現金化するなら一旦Amazonギフト券に交換して現金化

専門業者でのGooglePlayカードの換金率は、70~83%となっています。

一方、Amazonギフト券の現金化の相場は、85~88%とGooglePlayカードよりも換金率が高くなっているのです。

そこで、お得にGooglePlayカードを現金化するなら、一旦Amazonギフト券に交換して現金化する方がオススメできます。

Amazonギフト券との交換に関しては、個人売買での交換がありあますが、個人間取引ではリスクが伴うので、利用の際は慎重に行うようにしましょう。

GooglePlayギフトカードをギフト券買取サイトで現金化

GooglePlayギフトカードをギフト券買取サイトで現金化
続いてお話しするのが、今回の大本命でもある買取専門サイトで現金化をする方法です。
買取専門サイトとは、電子ギフト券やプリペイドカードを専門に、額面金額に対して数%~数十%の割引額で買い取るという現金化ビジネスです。

買取方法はすべてネットで完結し、わざわざどこかへ出向く事も無く、すべての手続きをその場で済ますことが出来るのはかなり大きなセールスポイントです。

また、ネットで運営しているため、店舗維持費や、店舗スタッフの人件費などが掛かってこないため、実店舗ビジネスに比べてランニングコストが抑えられます。
そのセーブされたコストによって、ギフト券の買取率を高く設定する事が可能です。

実際、実店舗で買い取られているGooglePlayギフトカードの相場は、どう高く見積もっても70%が上限です。
実際にはもう少し低い買取率だと思っておいても良さそうです。

かたや、ネットによる買取専門サイトでGooglePlayギフトカードの現金化を行うと、低くても75%以上は確実で、初回なら85%ほどの買取率で買い取られている場合が多いのが特徴です。

また、実店舗では、コードタイプのGooglePlayギフトカードは買い取ってもらえませんが、ネットの買取専門サイトでは、カードタイプもコードタイプもどちらにも対応しているため、自分が所有するGooglePlayギフトカードのタイプにかかわらず買い取ってもらえるのも魅力です。

実店舗で買い取ってもらえるお店を見つけたとしても、売る際に、GooglePlayギフトカードを購入した時のレシートなどを提示しなければならない場合があります。

購入証明書がなければ買い取ってもらえない理由としては、そのGooglePlayギフトカードが、正規ルートで購入されており、有効なギフト券かどうかを確認するためにはその方法でしか不可能だからです。

ですが、買取専門サイトでは、送られてきたギフトコードが有効なモノかどうかを判断するシステムが備わっており、また、それらを扱う専門知識を蓄えた専門家が行っているため、購入証明書が無くても、そのギフト券が有効なモノかどうかを判断できるからです。

実店舗のメリットは、持ち込まれたギフト券が有効なモノだと確認でき、本人の身分もしっかりと確認できた段階で、その場で現金が手に入るという事です。
この審査の時間は店舗によってマチマチですが、そこさえ通過すれば、現金化までは一番素早いでしょう。

では買取専門サイトはというと、初回の場合は本人確認を行う必要があり、運転免許証や健康保険証などで身分照会を行う時間を見ておかなければいけません。
イライをしたギフト券のチェックと、本人確認のチェックが終われば、振込手続きが始まります。

よく買取専門サイトを見ると、「最速〇〇分」などと書いてありますが、あれは身分照会も、ギフト券チェック項目もほとんどない場合です。

そのため、これらの事が行われることを想定すると、90分ほどは見ておく必要があります。
時間はなるべく余裕をもって手続きを行うようにしましょう。

こうやって見てみると、GooglePlayギフトカードの現金化には、買取専門サイト一択だな!
だろ?
こういう事を知らなかったらきっと買取専門サイトに依頼なんてしてなかっただろうな
おそらくオークションに出すってとこが関の山だっただろうな
オークションはほんとに多くのトラブルが起こってるから、ちゃんと話を聞いといてよかったな!

GooglePlayギフトカードを買い取ってもらう際の注意点

GooglePlayギフトカードを買い取ってもらう際の注意点

それではGooglePlayギフトカードを買取専門サイトで現金化する際に注意しておくべき事についてお話しておきます。

気を付けておきたい事は、

  • 悪徳業者に騙されない
  • 手数料などをしっかりと確認する
  • 有効なギフトカードかどうか
  • クレジットカード会社の規約違反に発覚してしまう

これらについては注意が必要です。

悪徳業者とは、例えば、持ち込む予定のギフトコードを聞き出して、その後は音信不通になり、買取予定の金額は振り込まないといった手段です。
また、買取金額とは別に、いろんな手数料などを乗っけて、提示している買取率以下の金額を振り込むといった業者も少なくありません。

まず、相場以上の買取率を提示している買取業者は怪しんでください。
そして、最終振込金額を提示してこない事は通常あり得ません。

手続きを終えた後に、このような手数料がかかる為、振込金額は〇〇ですというように、あとから振込金額を減らしてくる業者はれっきとした悪徳業者です。
優良店は、コードを伝える前にきっちりと振込金額を伝えてきますので、このような業者に依頼するようにしましょう。

また、ご自身のギフト券が有効なモノかどうかをしっかりと把握しておきましょう。
もしも無効品を現金化依頼してしまった場合、悪徳業者扱いされ、通報される場合があります。

このようなトラブルを回避するうえでも、現金化予定の商品が有効かどうかの確認は欠かさないでください。

そして、もしも現在お持ちのGooglePlayギフトカードをクレジットカード経由で購入した商品の場合、その商品を現金化したことがクレジットカード会社にバレた場合は、カード会社の信用情報に傷が付き、ブラックリストに載ってしまう恐れがあります。

こうなると、カードは当分の間作れなくなり、ローンもすべて不可能です。
そうなってしまうと大変不便ですので、クレジットカード経由で行う方は、万が一このような状態になってしまうかもしれない事を理解した上で、自己責任のもと行いましょう。

もしもこのような事になりたくないのであれば、現金でGooglePlayギフトカードを購入しておく事をおすすめしておきます。

GooglePlayギフトカードのアクティベーションコードを登録しない

GooglePlayカードを電子マネーとして利用するには、カードに記載されている16桁のアクティベーションコードをアカウントに登録すると、初めて電子マネーとして利用する事が出来ます。

そのため、一旦GooglePlayカードのアクティベーションコードを登録してしまうと、GooglePlay残高を譲渡することはおろか、現金化する事が難しくなってしまうので注意が必要です。

利用しないGooglePlayカードを現金化したいのであれば、アクティベーションコードをアカウントに登録しないようにしましょう。

そしてもちろん、アクティベーションコードは誰にも教えない事!

GooglePlayカードは、アクティベーションコードをアカウントに登録する事で利用できますが、もし現金化前に第三者に教えてしまうと、知らない間に、別のアカウントにチャージされてしまう恐れがあります。

特に、オークションサイトやマッチングサイトで、GooglePlayカードを現金化する場合、入金前にうっかりアクティベーションコードを教えがちなので、注意するようにしましょう。

GooglePlayギフトカードの買取に関するよくある質問

GooglePlayギフトカードの買取に関するよくある質問
では、ここからはGooglePlayギフトカードの現金化に関してよくある質問について見ていきましょう。

GooglePlayギフトカードの買取依頼をした場合の手数料は?

基本的に買取依頼に対しての手数料はかかりません。
振込手数料を請求される事はありますが、それも数百円です。
それ以外の手数料を請求してきた場合は、その業者に依頼するのはやめておきましょう。

最低買取金額などはあるのか?

これは業者によって違いますが、一番低い金額では1,000円から買い取ってくれる買取業者もあります。
ですがだいたいは3,000円からといったところが多いでしょう。

GooglePlayギフトカードの買取率はどのくらい?

相場としては80%前後だと捉えておいて問題はないでしょう。
90%以上といった買取率は逆に怪しんだほうが良さそうです。

GooglePlayギフトカードを買取依頼する際に最も注意する点は?

依頼先の業者が優良店かどうかです。
口コミが無い場合や、HPの完成度が低い、会社情報が少ない、もしくは無い、古物商許可番号などを掲載していない、買取率が異常に高すぎるといった業者に頼まないようにしましょう。

GooglePlayギフトカードを買取依頼する際は何が必要?

お持ちのギフトコードと、身分証明書は必須です。
古物商許可を得ている業者は、身分証明書を絶対に確認する義務がある為、逆に、身分証明書の提示を要求しない業者は、疑った方が良いでしょう。

GooglePlayギフトカードの買取申し込み後、キャンセルは可能?

可能です。
すべての手続きを完了していなければキャンセルはできます。

申し込んだ後、サービス説明と金額提示、本人確認、手続き完了の流れですので、手続き完了を承諾するまではキャンセルできるのでご安心ください。

法人名義でも買取は可能?

法人名義でも可能です。
むしろ、法人特別レートなども用意している買取業者もあるくらいですので、よりお得な買取サイトを選んでください。

GooglePlayの残高って現金化できるの?

そもそもGooglePlayの残高って現金化できるの?
コンビニや家電量販店で購入する事が出来るGooglePlayですが、Googleアンケートモニターやモバイル決済のGooglePayを利用していても、GooglePlayが付与されるようになっています。

そのため、知らず知らずの内にGooglePlay残高が貯まっている事もあり、使いみちに困っている人も多いのでは無いでしょうか。

GooglePlayの残高を現金化する事が出来れば、最もベターなのですが、そもそも現金化は可能なのでしょうか。

払い戻しによるGooglePlay残高の現金化は出来ない

一旦購入して、アカウント登録されたGooglePlayは、残高の如何を問わず払い戻しによる現金化は出来なくなっています。
(GooglePlay残高の払い戻しによる現金化は出来ないが、条件によりアプリ等の払い戻しは可能)

なお、一部地域(米国、ブラジル、韓国)では、払い戻しによるGooglePlay残高の現金化が可能となっていますが、日本国内での利用であると現金化は出来ません。

別アカウントへのGooglePlay残高の譲渡も出来ない

一度アカウント登録されたGooglePlayギフトコードは、別アカウントへの譲渡を行うことも出来なくなっています。

そのため、他人へGooglePlay残高の譲渡を行い、その残高分を現金に変える方法も利用する事は出来ません。

アカウントの売買によるGooglePlay残高の現金化はリスキー

amazonギフト券等の場合、購入してアカウント登録されたものでも、購入する業者があるので、GooglePlay残高も同様にアカウントの売買によって、現金化する方法を考える人もいるかも知れません。

確かに、アカウントの売買によるGooglePlay残高の現金化は不可能ではないものの、個人情報の流出等のリスクが上回ってしまう為、オススメできる方法ではありません。

特に、アカウント作成時に個人情報を登録している場合は、思わぬトラブルを招く可能性が高いので、アカウントの売買によるGooglePlay残高の現金化は避けたほうが無難です。

GooglePlay残高はGoogleストアで利用出来ない

GooglePlay残高の現金化が行えないのであれば、同社が運営しているGoogleストアでの利用はどうでしょうか。

Googleストアであれば、スマートフォン関連機器や様々なデバイスは販売れているので、GooglePlay残高の現金化も容易に行えそうです。

しかし、残念ながら、GooglePlay残高をGoogleストア(決済はクレジットカードのみ)では、利用出来なくなっているので、Googleストアを利用したGooglePlay残高の現金化も利用不可となっています。

GooglePlay残高を安全に現金化するのは不可能?有効な利用法はあるか?

GooglePlay残高を安全に現金化するのは不可能?有効な利用法はあるか?
アカウント売買によるGooglePlay残高の現金化は可能ですが、個人情報流出の懸念が高い為、とてもオススメできる方法ではありません。

また、仮にアカウント売買によるGooglePlay残高の現金化を行ったとしても、転売可能な商品の購入も行えないので、現実的にそういったアカウントを購入する人もいないでしょう。

疑問点

  • では、GooglePlay残高を安全に現金化する方法はあるのでしょうか。
  • また、現金化出来なかった場合の有効な利用法などはあるのでしょうか。

一つだけあるGooglePlay残高を安全に現金化する方法

ファミリーライブラリを利用すれば、GooglePlay残高を安全に現金化する事が可能です。

方法としては、

GooglePlay残高でコンテンツを購入(アプリ、書籍等)
→そのコンテンツをファミリーライブラリで共有
→コンテンツの料金を現金として貰う事が出来れば、
GooglePlay残高を安全に現金化する事が出来ます。

ただし、このGooglePlay残高の現金化方法は

①ファミリーライブラリは家族でなければ利用できない
②お金を払う価値を見いだせるか
③家族がGoogleアカウントを所有しているか

など、GooglePlay残高の現金化出来る条件を満たさなければならないので、あまり現実的な方法とは言えないでしょう。

GooglePlay残高の有効な活用法①アプリや電子書籍の購入

一度アカウント登録されたGooglePlay残高の現金化が不可能であれば、その残高を有効利用するのが一番です。

最もポピュラーなのは、GooglePlay内で、アプリや電子書籍等を購入し、GooglePlay残高を処分する方法でしょう。

人気のあるアプリの購入や漫画なども用意されているので、興味のあるものがあれば、GooglePlay残高を現金化せずとも有効活用する事が出来ます。

ただし、その他で電子書籍等を利用している場合(Kindle、Rakuten kobo等)、GooglePlay内での価格は、あまりお得感が無いので、人によっては不向きな側面があるかも知れません。

GooglePlay残高の有効な活用法②アプリ内課金に利用

GooglePlay残高の有効な活用法②アプリ内課金に利用
もう一つのGooglePlay残高の有効な活用法は、アプリ内課金に利用して処分する方法です。

アプリ内で課金して、ガチャガチャ等を利用すれば、GooglePlay残高を楽しみながら有効活用出来ます。

無論、課金したいほど夢中になっているアプリがない場合は、GooglePlay残高の有効な活用法とはならないので、こちらも人によって大きな差が出るGooglePlay残高の処分方法となっています。

GooglePlay残高の有効な活用法③LINEコインの購入

様々なSNSが利用されていますが、普及しているもので、最もポピュラーなものの一つがLINEでは無いでしょうか。

国内での利用者も非常に多く、もはや必須アプリの一つと言っても、差し支え無いのかも知れません。

そういった日常的に利用する頻度が高いLINEですが、実はGooglePlay残高で、LINEコインの購入が可能となっています。

GooglePlay残高で、LINEコインを購入すれば、スタンプや着せ替えなどを購入する事が可能になるので、不要なGooglePlay残高を有効活用でき、現金化同様のお得感をもたらしてくれることでしょう。

GooglePlay残高の有効な活用法④バリアブルカードを購入する

コンビニ等で販売されているGooglePlayカードの額面は、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円と区切られています。

ちょうど使い切る事が出来れば良いのですが、利用の仕方によっては、GooglePlay残高が残ってしまい、処分に困る事が多いでしょう。

そういった場合には、購入金額を1円単位で決めることが出来るバリアブルカードの購入をオススメします。

GooglePlay残高を残さず、利用する事が可能になりますし、楽天市場などのオンラインショップからだと500円からでも購入でき、目的別に購入すれば、1円の残高も出さずに使い切る事が出来ます。

現金化出来ないのであればGooglePlay残高を出さない方法でサービスを利用しよう

現金化出来ないのであればGooglePlay残高を出さない方法でサービスを利用しよう
GooglePlay残高が現金化する事が出来ないのであれば、GooglePlay残高出さない方法でサービスを利用する方法もあります。

不要なGooglePlay残高を出したくないのであれば、以下の方法を利用すると良いでしょう。

GooglePlay残高出さない方法①クレジットカードorデビットカーの使用

GooglePlay内では、クレジットカード、またはデビットカードを利用する事が可能になっています。

この方法でサービスを利用すれば、そもそもGooglePlay残高が出ないので、現金化や有効活用法などに頭を悩ます事もありません。

また、バリアブルカードは、500円~の購入となっていますが、GooglePlay内で販売されているコンテツ(楽曲等の場合250円~)は少額のものが多いので、どうしてもGooglePlay残高が残りがちになってしまいます。

しかし、クレジットカード、またはデビットカードであれば、そもそもGooglePlay残高が出ませんので、いちいち気を揉む事もありません。

GooglePlay残高出さない方法②キャリア決済の使用

GooglePlayでは、クレジットカードやデビットカードの他に、キャリア決済でコンテンツを購入することが出来ます。

この方法であれば、スマホを持っているだけで利用できるので、誰でも利用する事が出来る上に、GooglePlay残高を心配する必要もありません。

なお、GooglePlayで、利用できるキャリア決済は、以下の通りとなっています。

・ドコモ
・KDDI
・ソフトバンク
・Mineo
・楽天モバイル

GooglePlay残高出さない方法③Googleアンケートモニター以外を利用する

Googleアンケートモニターを利用していると、知らず知らずの内に、GooglePlay残高が貯まってしまい、処分する方法に悩む事があるかも知れません。

また、Googleアンケートモニターを利用した際の報酬は、直接GooglePlay残高に加算され、現金化はおろか、GooglePlay内での利用しか叶わず、しかも1年の有効期限も設けられています。

Googleアンケートモニターの報酬は、高めとなっていますが、選択肢が少なくて、失効してしまう可能性があるのであれば、そもそもアンケートモニターに協力した時間がムダになってしまうでしょう。

現金化が行えるアンケートサイトは幾つかあるので、GooglePlay残高の処分に困っている人は、Googleアンケートモニター以外を利用する事をオススメします。

GooglePlayギフトカードまたはGooglePlay残高を現金化についてまとめ

GooglePlayギフトカードを現金化する時は、時期を見極めて行おう!

さて、今回はGooglePlayギフトカードの現金化についていろいろと見てきました。
GooglePlayギフトカードは、その多様性から、そこそこ安定した買取率を誇っており、今後も安定的に取引される商品でしょう。

それだけ安定はしていても、買取依頼をする時期などによって、多少の上下は起こります。
月初などは買取依頼が多く発生するため、買取相場は下落傾向になり、逆に月末なんかは、買取依頼が少なくなるため、買取率は高くなる傾向があります。

また、もしも手元に多くのギフト券がある場合は、まとめて依頼をするようにすると買取率は高くなります。

このように、買取依頼をする時期や、売り方などを考えて行うと、より高買取率で取引が行えますので、GooglePlayギフトカードを現金化する際は、このような事にも意識をしながら行うことをおすすめします。

そしてGooglePlayの残高の現金化については、

・ファミリーライブラリでコンテンツを購入して現金化
・GooglePlay残高のあるアカウントの売却

等で行うことが可能となっていますが、前者は現金化出来るケースが限定的で、後者は個人情報流出の危険があり、オススメできません。

そのため、GooglePlay残高を有効に消化するには、GooglePlay内のコンテツで消化するか、LINEコインを購入するのが最も現実的な方法となっています。

ですから、GooglePlayを利用する場合は、残高が出ないように使いみちを予め考えておくか、登録せずに専門業者で現金化するようにしましょう。