amazonギフト券のバリアブルカードは便利?不便?

amazonギフト券 バリアブルカード

ライター:ひかる

今や世界中の日常生活に「Amazon」が浸透し、いつでも、どこでも、ネットを繋げばすぐにショッピングをはじめ、動画や音楽などのコンテンツが楽しめます。

そんな生活をより華やかにするサービスを提供しているのが「Amazon」ですが、そんなAmazonが展開するネットショッピングサイト内で利用可能な「amazonギフト券」はご存じですか?

Amazonで買い物をする際、決済がスムーズに行えるというメリットがあります。
そんな「amazonギフト券」には様々なタイプのギフト券が存在します。

今回の記事は、タイプの1つamazonギフト券の「バリアブルカード」というamazonギフト券についてお話していきます。

amazonギフト券の「バリアブルカード」とは?

amazonギフト券の「バリアブルカード」とは?

Amazonで買い物をする時に便利なamazonギフト券だけど、何やら『バリアブルカード』ってのがあるそうな
君も見たことがあるようだな。店頭などでも置いてあるけど、イマイチわかってない人も少なくないそうだ
普通のギフト券カードとデザインはそこまで変わらないから何が違うのかよくわからない
そんな人のために、今回はamazonギフト券の「バリアブルカード」についていろいろと掘り下げてみようか!

現在Amazonが展開するamazonギフト券のサービスには様々な種類があり、

  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • 店頭購入タイプ

などがあり、しかもそれらのギフト券は、使い切りタイプや、プリペイドのようなチャージ式といった仕様の違いなどもあり、それぞれに合ったニーズに応えられるようになっています。

では、今回ピックアップする「バリアブルカード」とはいったいどんな特徴があるのか見ていきましょう。

金額が指定できるamazonギフト券

amazonギフト券を利用したことがない方でも、コンビニや家電量販店などで一度は見かけた事があると思われるのが、陳列などに吊るされているamazonギフト券です。

Amazonのマークが描かれており、その右上に金額が記されているのが一般的です。
3,000、5,000、10,000、20,000といった数字が書かれており、その数字がamazonギフト券の金額となります。

このように金額が指定されているため、使い切るのが非常に難しいという利用者の不満が存在します。

そこで便利なのが「amazonギフト券 バリアブルカード」というわけです。

こちらのカードは、金額が指定されておらず、1,500円~50,000円までの間の金額を、1円単位で希望の金額を自分で決められます

だから、購入したamazonギフト券が使い切れないという悩みを解消してくれるのが「バリアブルカード」の特徴です。

どこで購入できる?

このamazonギフト券「バリアブルカード」は主に、

  • コンビニエンスストア
  • 家電量販店
  • スーパーマーケット
  • Amazon公式サイト

などで購入する事が可能です。

バリアブルカードを取り扱っているコンビニ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • サークルケーサンクス
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート
  • ポプラ
  • セーブオン

これらの店舗で購入が可能ですが、一部の店舗では取り扱っていない場合もありますので、お買い求めの際は一度ご利用店舗いご確認くださいませ。

バリアブルカードを取り扱っているスーパー
  • イトーヨーカドー
  • ヨークベニマル
  • トライアル
  • ダイエー
  • ヨークマート
  • コープかごしま

などで取り扱いがなされています。

その他には、ドン・キホーテやウェルネスなどでも購入が可能です。

ここでひとつ気をつけていただきたいのが、このバリアブルカードは通常なら1,500円~50,000円までの金額を指定して購入ができるのですが、九州地域の一部の店舗ではその上限が20,000円までと低く設定されている場合があります。

これは、詐欺に対する被害対策で行われています。
ですので、これらの地域でご利用をお考えの方は、設定金額の違いに気をつけてください。

バリアブルカードを利用するメリットとは?

バリアブルカードを利用するメリットとは?
amazonギフト券には様々な種類があり、利用者のニーズに合わせたサービスが展開されていると先述しましたが、この「バリアブルカード」を利用するにあたってのメリットをひとつひとつ見ていきましょう。

1円単位での金額指定が可能

amazonギフト券を店頭で買う場合、バリアブルカードとは別に、amazonギフト券のカードタイプが存在し、それらは金額が設定された状態で販売されております。
3,000円・5,000円・10,000円・20,000円のカードが陳列に並んでおり、これらから選んで購入するわけですが、問題はこれらの金額をきれいに使いきれないという事です。

amazonギフト券は、購入するとカードの裏にシリアルナンバーが記されており、そのナンバーを自身のAmazonアカウントに入力する事によって、Amazon内で使える金額が反映されるというシステムです。
頻繁にAmazonで買い物をする人ならあまりデメリットではないかもしれませんが、そこまでの頻度で利用しない人からすると、お金を眠らせてしまう事になり、不便と感じるかもしれません。

また、Amazonは基本、返金対応は一切受け付けないため、残高が余ってしまう事がデメリットと感じる方も少なくありません。
そのような人にはもってこいのサービスと言えるでしょう。

クレジットカードが無くても手軽に決済可能

クレジットカードが無くても手軽に決済可能
Amazonネットショップは様々な決済対応が可能です。
コンビニなどで支払う現金払いや、クレジットカードや携帯端末で支払う方法、そして、amazonギフト券で支払うなどがあります。

当然コンビニ払いでは、コンビニに足を運ばないといけないため手間がかかり、クレカなどで決済をする方が楽ですが、クレジットカードを使いたくない人や、クレジットカードを持っていない人でも、このバリアブルカードがあれば、クレジットカードが無くても決済が可能です。

違う用事でコンビニに行ったときなどに好きな金額をあらかじめ現金で購入しておけば、ネットショッピングが手軽に利用できるようになります。

支払期日に猶予を持たせられる

Amazonでネットショッピングを利用した際に、クレカなどでの決済ではなく、直接コンビニで決済を選択した場合、指定したコンビニで決済をする際に必要な入力コードなどが発行され、その数字を各店舗のメディア端末、または店頭の店員さんに伝えて金額を支払うという手段があるのですが、この決済方法は、商品購入を決定し、コンビニ決済時に必要な入力コードが発行されてから6日以内の決済が必要で、その決済が行われなかった際は自動的にキャンセルされます。

クレジットカードを使いたくないから現金で買い物をしたい人にとって、決済期日が定められているのを不便だと感じる人もいるでしょう。
ですが、あらかじめバリアブルカードで好きな金額のamazonギフト券を購入しておけば、そのような期日に追われる心配もありません

バリアブルカードを購入した金額内の商品を買うのであれば、サイト内で買い物をし、その流れで決済をする事が可能です。
ちなみにバリアブルカードで購入した金額は10年間の有効期限がある為、このお金を腐らせてしまう心配もそこまで大きくないと言えるでしょう。

バリアブルカードのデメリット

バリアブルカードのデメリット
さて、Amazonでネットショッピングをする人にとって、ひとつの有意義な選択肢だとお伝えしたamazonギフト券の「バリアブルカード」ですが、使用する際にデメリットと感じられる部分もいくつかあるので、そちらも紹介しておきましょう。

1,500円未満は購入不可

amazonギフト券の「バリアブルカード」はたしかに自分にとって都合の良い金額を1円単位から購入する事が可能とお伝えしてきましたが、バリアブルカードには”下限”が存在します。

チェック!!
amazonギフト券の「バリアブルカード」は1,500円からしか購入する事ができません。

なので、例えばAmazonで欲しいと思ったものが500円だったとすると、バリアブルカードを使って決済する場合は、他に購入する商品を見つけて、1,500円以上の決済金額にしなければいけません。

なので、全く他に欲しいモノがない場合は、お目当ての商品の購入を諦めるか、あるいは別にほしくないものを浪費しなければならなくなります。

カードを見ただけでは金額がわからない

カードを見ただけでは金額がわからない
また、amazonギフト券の「バリアブルカード」はカードを見ただけでは、そのカードがいくら分のバリアブルカードなのかが分かりません

カードの裏に金額記入の欄があるため、購入した際にはすぐにその記入欄に金額を書いておく、あるいは、コンビニなどで購入した場合は、その時の決済レシートを一緒に貼り付けるなどして、そのバリアブルカードがいったいいくら分のカードなのかが分かるようにしておきましょう。

また、amazonギフト券は、その名の通り”ギフト”として用いられることも多々あります。

もしも贈り物でバリアブルカードを受け取った場合は金額がわからない状態が普通です。
その金額を確認するためには、送り主に直接聞くか、アカウントに登録をして確認する必要があります。
せっかく贈り物で頂いたバリアブルカードなので、送り主に金額を聞くのは少々野暮な気もします。
ですので、贈られた際はできるだけ本人には聞かず、自身のアカウントにコードを入力して金額は確認しましょう。

送料も含めた金額を購入しなければいけない

amazonギフト券の「バリアブルカード」の利用で最も多発するミスのひとつに”商品決済代のみ”の金額を購入してしまう事があります。

Amazon内で欲しいものが見つかり、その商品の金額分のバリアブルカードを購入し、いざ商品決済画面で決済を行おうと思った時に、送料分の金額を購入していたいがために、その商品の決済を済ませる事ができないといった状況に陥る事が多く報告されています。

このようなミスが起こらないためにも、商品購入を検討している時は、お目当ての商品をカートに入れ、送料も含めた最終決済金額を見ながらバリアブルカードを購入する事を強くおすすめします。

amazonギフト券のバリアブルカードの実用性

amazonギフト券のバリアブルカードの実用性

だいたいamazonギフト券の「バリアブルカード」についてはわかった。でも、実際どれほど便利なんだろうって疑問があるなぁ
たしかにクレカを使いたくないといった人達の選択肢のひとつにはなっているのは確かだけど、正直Amazonのサービスは他に魅力的なシステムも用意しているため、そこまで突出していないかもしれないな
結局どんな人におすすめなのか教えてくれよ!
そうだな、じゃあこのバリアブルカードがどういった時に使えるのかも含めて考えてみよう!

ここまでamazonギフト券の「バリアブルカード」について色んな視点からみてきましたが、Amazonネットショップを利用するユーザーからするとこのバリアブルカードはどれほどの実用性があるのかという点が気になります。

たしかに2015年の登場以降、利用者は通常のamazonギフト券よりも多いとは言われていますが、果たして本当に利用価値が高いのかを見ていきましょう。

コンビニ払いとの違い

Amazonのネットショップを利用する際に、様々な決済方法がある中、コンビニでの直接払いとバリアブルカードを用いた決済を比べてみると、実はそこまで大きなメリットを感じないのが正直なところです。

というのも、バリアブルカードを事前に購入し、好きなタイミングで好きな用品をAmazonネットショップで購入するという手順なら利用価値は高いでしょう。
しかし、Amazonのネットショップで欲しいものが見つかり、その金額をコンビニで、商品+送料を合わせた決済金額分のバリアブルカード購入する手順では、コンビニで決済を選択しているのとあまり変わりがありません

確かにコンビニ決済はLoPPiなどでシートを発行するなどのひと手間は掛かりますが、それほど大きな差とまでは言えず、コンビニ払いで代引きをしない限り手数料などは掛からないため、コンビニ払いとそこまで差別化がしづらいのが本音です。

贈り物としては使える

このamazonギフト券の「バリアブルカード」を利用するひとつに”贈り物として”という方法があります。

バリアブルカードは好きな金額を指定する事が可能です。

なので、例えばありがとうという気持ちを贈り物として伝えるのであれば3,939円分のバリアブルカードを贈って「サンキューサンキュー」という語呂合わせにしてみたり、11,029円分(イイオニク)のバリアブルカードを贈り物にして、「美味しいお肉でもどうぞ」という意味合いを込めて贈るのもいいでしょう。

このようにちょっとユニークな使い方には向いていると言えるでしょう。

バリアブルカードより「amazonギフト券チャージタイプ」がおすすめ

バリアブルカードより「amazonギフト券チャージタイプ」がおすすめ
さて、ここまでamazonギフト券の「バリアブルカード」を見てまいりましたが、正直このサービスはそこまでおすすめするには値しません。

というのも、Eメールタイプであれ、現金購入タイプであれ、好きな金額を指定して使うのであればバリアブルカードよりも「amazonギフト券チャージ式」を利用する方がよっぽど利用価値が高いと言えるからです。

と言うのも、バリアブルカードは基本的に使い切りタイプです。
なので、次回、またAmazonで買い物をする際、またバリアブルカードを購入する必要があります。
ですが、チャージ式は消滅しませんので、指定金額をチャージするだけでいつでも使えます。
また、チャージ式では、設定次第で”オートチャージ機能”があるため、一定の残高を割った時点で、自動的にチャージをしてくれる機能などがあるため、使い勝手は良いと言えます。

そして、チャージ式の最大のセールスポイントは「ポイント還元」が付いてくる事です。
コンビニ払いや、コンビニなどでバリアブルカードを購入するのであれば、圧倒的にamazonギフト券チャージタイプを利用するべきでしょう。

現金によるチャージを行った際、最大で2.5%ものポイント還元を得る事ができます。
また、セブンイレブンでnanacoカードを使ってチャージする場合は3.0%以上のポイント還元も実現する事が可能です。

これらを踏まえても、amazonギフト券のバリアブルカードを使うくらいなら、amazonギフト券チャージタイプを利用する方が圧倒的にお得でしょう。

このように、amazonギフト券をどのように利用すればより実用的で、お得なサービスを受けられるかなどをお伝えしているのが「俺LOVE現金化」です。

「俺LOVE現金化」でもっと日常のお金にまつわるライフハックを習得して、少しでも賢く運用していきましょう!